初のサプライズを受けた僕の脳みそは沸騰した AKG K702 65th

ページ

 

初のサプライズを受けた僕の脳みそは沸騰した AKG K702 65th

2014年12月20日土曜日
初のサプライズを受けた僕の脳みそは沸騰した AKG  K702 65th

僕はサプライズをいつもやるほうで、実は僕自身にサプライズを受けることはありませんでした。この日は、嫁氏(GUMIさん)にサプライズを受けた。その結果、僕はAKGのK702、しかも65th Anniversary Editionというかなりと区別しようなものです。

このサプライズを受けるまでのストーリーが少しあるので興味がある人は見て欲しいです。

結果、サプライズを受けた

ねらっているヘッドフォンがあった

僕は、三重県伊勢市にあるオーディオ専門店「サウンドエース」さんにたびたび音連れます。そこでは、サウンドエースさんが作ったコーナーで「委託コーナー」というものがあった。ユーザーさんが「これはもういらない。でもお金に替えたい」という感じの人がここに商品を置いて行く感じのことをしている。いわゆる中古コーナーです。

しかし、サウンドエースさんのお客さんということは、素晴らしい人たちということがわかります。そのため、それぞれの機器は状態が良く、「新中古」と言えるぐらいの代物が多いのです。サウンドエースさん自体がそれぞれ整備をしているので、間違いない製品が多々あります。

そんな中、僕が注目したのが、「AKG K702 65th Anniversary Edition」です。これはAKGが出しているK702の「特別仕様」モデルで限定品です。「なぜにあるんだ?」という疑問をすっ飛ばし、サウンドエースさんデこれが置かれていることが気になっていた。正直、これを手に入れる金額を手元に無かったのでチラチラと見ているぐらいだったのですが、長い期間置かれていたのでこれは…ということで欲しくなったわけです。

こつこつとためていた

とある瞬間から、これを狙うべくお金を貯めていた。こつこつ、ちりちりと。「チリも積もれば山となる」という言葉を信じ、チリを集め始めたのです。そこで、サウンドエースさんに相談して、これを確保してもらうことにしました。

結構ながい

「チリも積もれば」というのですが、なかなかたまらない。あたりまえです。「チリ」レベルで集めているのでなかなか遠いです。非常に期間が過ぎ、再びサウンドエースさんへ行き、現在のお金の状況などを説明。

「そのうち、僕は嫁氏に皮膚を売るかも知れません」と必ずお金を貯める決意を表明して、その時、嫁氏にも同席いただいていた。

サウンドエースさんにて

そんなお金を貯めていながらも、サウンドエースさんで嫁氏と店長といろいろしゃべりながら、ブログを書いたり良い感じの時間を過ごしていました。5時間ぐらいでしょうか?サウンドエースさんで過ごしていざ帰ろうとします。僕は帰り際にサウンドエースさんのトイレによることがあり、この日はトイレに行くことに。

僕「ちょっとトイレいってきます」
嫁「はいー」

と帰る準備を済ませ、トイレに席を立ち、トイレのドアを閉める。事を終えた後、トイレのドアを開けようとするとドアが開かない。「また嫁氏のいじめかー」などわらいながらドアが開くのを待っていました(嫁氏の僕へのいじめは愛情です)。ドアが開きサウンドエースのロックンロール氏に電卓を使ったちょっとした遊びを見せている時に、店長が嫁しに何か渡していた。

そう、それが「AKG K702 65th Anniversary Edition」なのです!

「はい、クリスマスプレゼント」とちょっと早いですがサプライズを受けたわけです。なに?いったいどういうこと?ん?とか思いながら僕が発したのは。

「いつ?」でした。

これは「いつ会計を済ませたのだ」という意味で言ったのですが、店長さんが「それは秘密です」…と。サウンドエースからの帰り、嫁氏の運転する社内で全ての真相を知ることになる。

嫁氏からのサプライズ

実は数日前、ブログのお金がAmazonギフトカードとして現れた時、嫁氏が「なぁなぁ、プレゼント交換しようよー」ということでAmaoznギフトカードを使って僕は嫁氏に何点か送り付けました。なんだ、こんなものが欲しいのか?と思っていてその数日後に今回のイベントが起きたわけです。

実は、僕に内緒で、嫁氏はすでにサウンドエースさんにお金を払っていたそうです。そして、「今度一緒に来た時に引き取りに来ます」ということでそれが今回受け取った日になりました。本当は25日に音連れる予定だったのですが、僕が早めにサウンドエースさんに進入してしまったためずれたとか。

今回のサプライズ

さて、今回のサプライズ。協力者がいますね。まず首謀者は嫁氏です。協力者とはサウンドエースさんです。

これはどういうことかというと、この日はお金をいかにして貯めているかとかそういうことを説明して、自分には買う決意はあるんだぜって言うことを延々と話していたということです。それを…聞きながら…なんと思っていたのかw

僕はこの3名の手のひらの上で踊っていたのだー。わー。さぞにやにやしたでしょう。僕もにやにやです。
(おそらく、「何言ってんだこいつ」ぐらいのアレです)

ということで

ということで、僕は3人にサプライズを受けたのです。嫁氏がドアを閉めていたのは、急に持ち帰ることが決まったので、僕がトイレから出るまでに商品を入れられなかったからだそうです。さいわい、僕がロックンロール氏に電卓の謎技をやっていたのでそれがばれずにすんだとか。

サプライズありがとうございますぅぅぅう!

写真をご覧アレ

ふぁー

K702

状態よし!「AKG K702 65th Anniversary Edition」がわが家に登場!

お店情報

お店:サウンドエース
住所:〒516-0016 三重県伊勢市神田久志本町1522−4
電話:0596-25-0526
営業:水曜日定休 10:00から19:30

HP:サウンドエース
FB:サウンドエース(Facebook)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事