胃腸風邪?急激に胃が痛くなり2回ほどリバースして高熱

ページ

 

胃腸風邪?急激に胃が痛くなり2回ほどリバースして高熱

2014年12月28日日曜日
点滴中

大変でした。点滴してきました。夜中に急激におなかが痛くなり悶えていました。前日にいっぱいご飯を食べたので、「食べ過ぎかな?」とか思っていたのですが、それならこんなに長いこと胃が痛いわけがない。

でも病院行くのがいやだったので、「食べ過ぎだろうな」と買って解釈してそのまま非理まで悶えている。2回ほどリバースして病院に行くことに。ばーか。

胃腸風邪かもね

僕は、全身性エリテマトーデスという難病を患っていて、それを最初に発見、判断(疑った)したお医者さんのところに行きました。僕の病気の性質があるので、案に「胃腸風邪」と判断できないのですが、症状的に胃腸風邪っぽかったので、と言うか僕が主張しまくったので胃腸風邪的な感じになりました。

そして点滴をして、家に帰っても胃の痛みをとれず、「とりあえず何も食べず何も飲むな。飲むなら口を潤すぐらいの量を取ってね」というあれで2日間耐えたら胃の痛みは緩やかになってきた。その間、高熱とかそういうイベントがたくさんありました。

リバース

まず、「絶対に吐くものか」と考えていたのですが、もう、どうしようもうなくなってしまったわけです。「あー、吐くか」と決めてしまえば後は簡単ですね。とりあえず、といれに水を持っていって、深呼吸。水を二口ぐらいごくごくとのみ、正面を見つめて、トイレめがけて吐く。

オロロロロー というゲロが登場。

その後、「まだ吐けるでー」と身体が訴えているのでもう一度水をごくごくと飲み準備する。

二回目は、「ガァー」って感じでゲロが登場。

これが1度目のゲロイベントです。とりあえず、これでちょっとは楽になろうだろうと判断して、寝ていたのですが胃の痛みは来てない。具体的に言うと正面を向いて寝ていないとつらい。横になったりすると胃が痛い感じです。

あれ?まだ痛いやんけ?

ってことで、数十分後に2回目のゲロイベントタイムを決行することにしました。同じようにやったのですが、両方「ガァー」と言うかなり咽に負担のかかる吐き方です。はっきり言って、まったく消化されてませんでした。

胃の痛みは取れない。


小児科に現れたおっさん

僕の病気を最初に疑ったのはとある町の小児科さん。ゲロイベントの結果でどうしようもなく、これはダメだと判断し、病院に行くことにしました。

病院にはたくさんの子供たちがいました。小児科なので当たり前ッすね。そんな中、ヒゲを生やしたおっさんが、「ハァハァ」とか「う〜」とか言いながら萌え出ているわけです。いや、だって痛いし。子供たちの白い目は僕の心に突き刺さりました。

点滴タイム

この吐き気と胃の痛み、そのうちの「吐き気」を抑える点滴をしました。およそ2時間点滴タイム。なげーよ。点滴すると、僕はトイレに生きたくなるのですが、ここで看護士さんがこういいます。

「歩けるかなー?」「それか、尿器で取りますー?」と小児科用の口調(ちょい赤ちゃん言葉っぽいヤツ)でいわれ、「いやwww歩くっすwww」と身体がもうだめだめで視界がよろしくない状態でトイレに行くことに。看護士さんに点滴を持ってもらってそれを運ばれながらトイレに行きました。小児科用の口調って、「なんなん?そういうプレイなん?」とか思いますが、小児科ってそういうものなんです。

僕は小児科時代から病院で入院しまくってますから、逆になれちゃっていると言う。

その後、献身で、水分補給の制限や、胃を休めるために入れるなと言う話をされます。胃が痛いのは「吐きすぎやねー」と言われた。

胃の痛みに耐える

胃の痛みに耐えながら、寝れない夜を過ごし、脳みそがちょっとおかしいまま数日すごし、二日間食物の摂取と水分の摂取を制限した結果、体重が4kgほどへり「なんやダイエット簡単ヤンけ」とかわけのわからないことをおもいながら胃の痛みが治まったのでやっと寝れることに。

まとめ

  • ゲロを吐く
  • 水分と食物の摂取を制限する

その結果4kgのダイエットに成功しました。胃腸風邪ダイエット、流行りそう?

もうとちゅうから書くのが面倒くさくなりました。胃腸風邪は感染しやすく、潜伏期間が長いことが特徴です。防ぐ方法は「手洗い」「うがい」の基本動作。外出が多い人は注意してください。ちなみに、僕は外出しないので、誰かが拾ってきたのを僕が感染したパターンです。

途中で体温が40℃越える時がありましたが、こういうのは毎回あるので慌てない。そして現在、全身の筋肉が痛いという状態です。これも前にあったので慌てない。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事