Moonries Cafeで1ポンドなステーキ

ページ

 

Moonries Cafeで1ポンドなステーキ

2014年12月21日日曜日
憎々しい肉

先日ちょっとお話をしてきた三重県鳥羽市Moonries Cafeさんに再び来店。今回は「1ポンド」なステーキを食べてきました。1ポンドとはだいたい450gで、まぁ、450gなステーキです。

嫁氏(GUMIさん)とのデートということでお酒もありませんが一緒にご飯を食べてきましたー。狙いはこの1ポンドステーキでして、その他にもおいしいものがありましたがこの1ポンドステーキについてご紹介します。

1ポンドステーキ

嫁氏との「デート」っていう久しぶりのデート。しっかりと行く場所も食べるものも決めて、時間まで気分が高まるその一日。やっとその時間が来て、いざ鳥羽市の鉄板焼き屋「Moonries Cafe」へ!今日は駐車場がいっぱいだ!困った!そう思っていたら店員さんが登場!そして車を店の前に止めてくれとのこと。

さー、注文だ!何食べえる?「1ポンドステーキでしょ?」嫁氏の声に「まぁまぁ」と落ち着かせ、メニューを見ることに。そして選んだのは「蒸し牡蛎」だ!蒸し牡蛎はその名の通り蒸された牡蛎!レモンと柿ほんの磯っぽい感じが非常にマッチ!嫁氏は「牡蛎うめぇ、牡蛎うめぇ」と何かにとり憑かれたようにずーっと言っていました。そんなに牡蛎が食いたいならこれも食べろと「牡蛎フライ」も注文だ!もちろんこれもうまい!マヨネーズベースのソースとケチャップ!「どっちにする?」「まよっちゃう!」うまいうまい!蒸し牡蛎がうまいなら、もちろん牡蛎フライもうまいうまい!

オーナーさんによれば、これは小浜の牡蛎、つまりまんますぐそばの海の牡蛎なんだとか!鳥羽の牡蛎!地産うまー!

なんてことをやっていたらオーナーさんに呼ばれました。「鉄板で焼く時、呼んでください」と1ポンドステーキの合図だ!

僕たちは、鉄板パフォーマンスが見えるカウンター席ではなく、奥のテーブル席で食べていました。だからオーナーさんに焼く時に僕を償還していただくと思っていました。

そしていいざ1ポンドなお肉が登場!カメラでぱしゃぱしゃ!これは後のウェブメディアでの写真素材として撮りまくり!焼かれる肉!「じゅー!」というすばらしい音!そしてこしょうがかかり、フタされる!

さーて、おもむろにトランプを出して、オーナーさんの許可をもらいお客さんにマジックをやらせていただきました!お酒の入っている時のお客さんは本当に好きです。だって全部のマジックに驚いてくれますから!いいな!と、嫁氏をほうったらかしにしているのでチラチラ嫁氏を確認しながらのマジックです。どうやら嫁氏はスマホのゲームに夢中だ!

さー、そうこうしているうちにフランベが!逃した!マジックをしていたフランベを逃した!とうことで、でき上がったのがこちらです。

ステーキ来たよ!

ヘラ

できたー!

ヘラで抑えながら、ナイフで捌かれるステーキ!素敵だよ!そしてさっそうとカウンター席を離れ、奥のテーブル席へ!そうこうしているうちに登場したのが2枚目の写真です!「でかい!」その一言に尽きます!

ソースとして「ポン酢系」と「ステーキソース」です。「これはおまけ」とオーナーさんに「食べるワサビ」おいただいました。「これは通常出るのですか?」と問いかけると、「これは通常でないですよー、特別、あ、言ってもらえればだせますよー」とのこと。聞きましたか?「わさびありますか?」と聞けば出ますよ?もしでなくても「あのブログで出していたじゃないか!」なんて怒らないでくださいね!

さて肉を食す。がぶり。これは、やわらかい!なんて柔らかいんだ!こんなでかい肉にちゃんと火が通っていて柔らかい!うんまー!そしてワサビも漬けてみよう…。なんだこれ、すっごい食べやすいワサビ!わさびってかなりからいイメージでしたが、これは「たべるわさび」ってのに納得です!こんな愛称抜群なのかー!

基本、お肉にはコショウがついていますが、うまし。美味、うまいわー。オーナーさんに「どうっすか?」と聞かれ「っうまい!」と言ってしまいました(食べながら)。

お店情報

お店:MoonriseCafe
住所:三重県鳥羽市小浜町250-4
電話:0599-37-7003
種別:鉄板焼き、カフェ&バー
https://www.facebook.com/MoonriseCafe

やっぱよかったよ!

鳥羽市の海沿いにある鉄板焼き屋さん「Moonries Cafe」です。是非ご賞味アレ!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事