整形外科の定期検診に行ってきた。大腿骨骨頭壊死について

ページ

 

整形外科の定期検診に行ってきた。大腿骨骨頭壊死について

2014年12月2日火曜日
整形外科の定期検診に行ってきた。大腿骨骨頭壊死について

毎月病院に行っている@kissatenです。といあえず、今年最後の病院で、「大腿骨骨頭壊死」について、整形外科に通いました。整形外科は、通常お時間を結構とるのですが、この日は、受付をして即効で現場にたどり着けました。年末だから?といりあえず、結果をご紹介。

大腿骨骨頭壊死の定期検診

入ってすぐ

まずはいってすぐ「どうですかー」という言葉とともに前回からどのような変化が合ったのかを話しました。

僕は前回の定期検診から、左足に変かがありました。言葉が正しいかわかりませんが、「歩くのをミスる」のです。すでに片足を人口骨董に換えている身で、両足を大腿骨骨頭壊死となっている、反対の足もダメダメです。そのあしが、なんかおかしいのです。

「歩くのをミスる」というのは、つまずく行為に似ていて、それを葦の根元(大腿骨)でやるのです。股関節のすぐそばでつまずいているイメージです。普通の人は多分ないでしょうが、足の骨がぐずぐずなのでこういうことがあるのです。杖歩行の時にこういう減少に悩まされます。また、ベッドが化起き上がるときも、さいきんつまずく行為が増えました。

個人的に、「まだ我慢できるレベルの傷み」なので、手術はなるべく避けたいです。前回の手術したほうの足の時は、日々を練れないぐらいの痛みで過ごしていたのでやむなく手術したまでです。

「まだ我慢できるレベルの傷み」といっても、ばりばりに痛み止めを入れているので、今感じている痛みが正しいものかわからない感じです。



とまー、そんな僕の思いとは別に、主治医は「どうですかー」というのと足をぐりぐりする作業をして終りです。カルテに書いて終わり。やったね!

なぜか今日はすぐ終った

なぜか今日は本当にすぐに終った。通常なら数時間かかるところを、入ってすぐに受付が終わり、診察室前に座ったらまさかの二人目で、すぐに入れた。こんな日もあるんだなと。

でもやっぱり身体は疲れるんですよねー。ああいう座っている場所にいるのがなかなかつらい。すぐにうとうとしちゃうという。今回も特に何にもなく良かったな。

たはー。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事