2015年、株式会社LIGからきた年賀状がどう見てもハンターハンターだった…。

ページ

 

2015年、株式会社LIGからきた年賀状がどう見てもハンターハンターだった…。

2015年1月1日木曜日
どうみても

「もう、なんて素敵なんだこの会社」と2015年、年始めに即効思い知らされた年賀状をいただいた。いただいたのは、以前ライターをさせていただいていた「株式会社LIG」さんからでした。

この会社にいらっしゃった「紳ちゃん」はじめ「そめひこ」さんと色々な方にお世話になったのを心の中にそっとしまわせてもらっています。そんなLIG(リグ)からいただいた年賀状。これで3通目になる年賀状。2015年の年賀状もとんでもない気合いの入れようだった。

どうみても

どうみてもね

こちらがLIGさんより今回いただいた年賀状です。良ーく見ると、色々と人間の寸法がおかしいことがわかります。朽木さんなんて、ビスケットオリバ並に身体を膨らましてらっしゃいます。


「はて?この構図どこかで見たことあるな?」

いちおう、日本にある漫画を色々と読ませてもらっている身です。このシーンに見覚えがあったのです。そして見つけたのがこの漫画。

ハンターハンター10巻

部屋を飛び出し、兄弟達の協力のもと、持ってきてもらったのが「ハンターハンター10巻」です。ハンターハンターとは、『幽々白書』でおなじみの富樫義博による作品です。その10巻にこの構図と似ているものがあるのです。

信長

No.092「9月3日⑧」の扉絵がどう見てもこれです。これは幻影旅団が集結したシーンということですね。左に居座るノブナガが非常に印象深かったので覚えています。

ならべてみた

何となく並べてみたらやっぱりそれっぽいですね。

これで言うと、岩上社長がヒソカで、ゴウ副社長がクロロと言う感じになっちゃいます。朽木さんがいような体形だったのは、指から弾を出すフランクリンの体形に合わせたからだったのですね。

まぁ、そのおかげで、包帯グルグルキャラのボノレノフがいったい誰か全くわからなくなっちゃっているのが面白い。

やっぱこの会社は素敵

この案を言ったいどのタイミングで実行したのかわかりませんが、あきらかに忙しいであろう会社でこういうことを本気でやっちゃう、そして出来ちゃう会社、それが株式会社LIGなのです。やっぱりこの人たちはすごい。この会社は素敵なのですわ。

top

ちなみに、こちらの年賀状とおそらく同じものが、株式会社LIGのトップで公開されています。通年通りならそれは期間限定なので、モシみたい人はさっそく株式会社LIGへGOだ!

株式会社LIG | 台東区上野にあるウェブ制作会社

その他の年賀状記事






この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事