ADLのヘッドホン「H128」をFURUTECH様よりお借りしました。

ページ

 

ADLのヘッドホン「H128」をFURUTECH様よりお借りしました。

2015年2月19日木曜日
ADL FURUTECHのヘッドフォン H128 三角形のハウジングが特徴

FURUTECHさんより、オーディオ部門のADLのヘッドホン「H128」を貸していただきました。つまりモニターレビューってことです。先日お借りした「X1」の時に、「もし良かったらコレもどう?」ということでモニターをさせていただきました。

さー、数万円もするヘッドホンです。ゆっくりと試したいものですねー。

ADLH-128


見るからにカッコイイヘッドホン「H128」ハウジング部分がちょっと変わった形をしております。数万円なヘッドホンとなっています。
( 0w0)ノ ウェーイ

H128のキャリーケース

H128はキャリーケースに入っていたー

まず驚いたのが、H128はキャリーケースに入っていたのです。なんてこった。ものすごく高級感が有る!中にはケーブルが2種類入っていました。

2種類のケーブル

ロジウムメッキプラグです

3mのケーブルと、ロジウムメッキされた1.3mのケーブルです。

「おいおい、このケーブルだけで一体いくらするんだよ…。」なんて思いつつも、ケーブルに目をピカピカさせていました。

ミニXLRです

ミニXLRですね

着脱式のケーブルは、「ミニXLR」という規格。つまりは、AKGのK702とかにもケーブルがつけれちゃうというわけ。いや、つけないけどね!(借り物だし)

見た目がカッコイイ

見た目がカッコイイ!

まずなんといっても見た目がカッコイイ!三角形のハウジングも尖ってていいね!そしてすっごくかたそう!頑丈って意味ね!コレは壊れないでしょ。

ADLのマーク

左右に設けられたのはADLというきらびやかなロゴ!素晴らしい!

ケーブルを繋いでみた

そして早速ケーブルを繋いでみた。太めのケーブルなのですごく強そう!

装着の前に

柔らかい

こっちも柔らかい

イヤーパッドと頭の部分は、柔らかい素材でした。これで装着時の負担が減るというわけですね。なるほどなるほど。

長さの調節ができるというわけ。

ちなみに、左右の長さは調節できるようになっています。コレで耳に合わせやすいね!

実際に聞いてみた

とりあえず聴こうといろいろとしたわけです。密閉式で聴きやすい感じでした。重さもそんなに無いので気にはなりません。

ただ、三角形になっているのが原因なのか、角の部分が顎横に刺さる感じがします。これはまだまだ使い倒さないとダメだってことでしょうかね。そのうちいい感じのゆるさになるのでしょう。

そういえばコレも付いている

FURUTECH F63-S(G)

先のケーブルの変換用プラグとして、FURUTECH F63-S(G) が付いていました。なんてお得なんだ。これもいいっすね~!

いいとおもいます

シッカリと音を出してくれて、PCオーディオでは少しもったいない気もする。今回はPCとiDeviceからX1経由での試聴でした。これはちゃんとしたところでも聞いてみたいなと。

H128 | FURUTECH[関連]



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事