バレインタインのチョコは作るのももらうのも楽しい

ページ

 

バレインタインのチョコは作るのももらうのも楽しい

2015年2月13日金曜日
チョコチョコ

2月14日といえば、悪魔の祭典「バレンタイン」がある。生チョコレートというすごくかんたんなチョコレートを「作った」と言い張り、それを配ることで、「ホワイトデー」に3倍返しでもらおうとするおこがましい連中がいる祭りです。

さて、そんなことをせずとも「一生懸命作りました、食べて欲しいです」なんていう純粋で無垢な気持ちで作っている人がいるということをご存知だろうか?僕の姪っ子はまさにそれ(であってほしい)な存在で、2015年のバレンタインチョコレート作りも少しだけ参加させていただいた。

そんなチョコレートを作った話やら、バレンタインのどす黒い話しなどね。

チョコレートを作る

ちょっと洋菓子の知識がある人なら、「生チョコレート」というものが、「いかに手間のかからなく」「少しの作業で出来る」チョコレートかご存知でしょう。僕は「何でも作ってみたい」ヒトなので、とあるバレンタインの時に「チョコレートを作っているヒト」から作り方を聞いて実際に作ってみたことがあるのです。

なんのことはない、めちゃくちゃ簡単なのだ。


まじかよ…、これで3倍返しとかふざけてるだろ…

と世間で言われる「三倍返し」という謎ルールが、いかに理不尽な存在かをしったわけです。しかも、一般的に「3倍」だといっても、まじで3倍で返すと印象がよくなく、10倍程度渡さないといけないという謎ルール。まじなんだよ…。なんだよこのルール…。

それならブラックサンダーとかで良いわ。

男から渡しても良いらしい

ちなみに、さらにおこがましいことに「外国でわ〜男の人から渡すんだよ〜」という謎発言する人(女性)もいて、そういうヒトはホワイトデーもプレゼントをもらうというさらにおこがましい野郎がいるらしい。

しかし、そのおこがましいことを置いておくと、「男性から渡しても良い」という事実がある。つまり、ちゃんとした、おこがましいヒトで無ければ、ホワイトデーに返してくれる人がいるのだ。

もう、いっそ男性から渡して3倍ルールで変換しようぜって、おもうわけですよ。そうすると、「おこがましい連中」はきっと「3バイトかふざけんな対等にオワヒトデーはわたすわ」とかなって、結局ホワイトデーも3倍ではなく等倍のプレゼントでよくなる日が来ると思う。だから、バレンタインは男性から渡して等倍にしよう。

一般的な女性のヒトすまない。世の中には、すごく簡単な生チョコレートを作って、3倍でプレゼントを渡せというすごくおこがましい女性の皮をかぶった生き物がいるのだ。そういうやつらのおこがましい行為を阻止するために、そうさせて欲しい。

どう考えてもこの理不尽なイベントをただすにはそうするしかないのだ。

話は変わるが

話はだいぶ変わるが、僕はチョコレートを作るのが好きだ。そして、姪っ子のバレンタインも少し手伝った。と言っても、持てる知識を利用して、のちょっとした作業だけです。その結果、姪っ子より少し早めにプレゼントをいただいた。


「なぁ〜、早めにわたしてもいい?(モジモジ」

という姪っ子の発言。

いいですとも〜〜〜!とバレンタインのチョコレートを早めに受け取ったのだ。

姪っ子は3倍どころではなく20倍ぐらいで返そう。おこがましくない。一生懸命作っていたのだ。

チョコ

20倍といっても、ぶっちゃけ痛くないのだ。一般的な「3倍で返してよ^^」というおこがましい連中は、自分たちが作ってきたチョコレートをさも「結構お金かかったよ?w」的なことをいうがぶっちゃけチョコレートを作ってみれば、そんなに費用がかかっていないことがワカル。

つまり、やつらは「ブラフ」をつかい、「おまえ、ホワイトデーわかっとんやろな?つくってきたったんやぞ?」という考えがあるからだ。本当に3倍でいいならお菓子ぐらいでいい。でも、「そいつら」はそれだけじゃすまない。本当の恐ろしい奴らだ。

男性陣よ、ちょっとつくってみろ

男性陣よ「手作りチョコ」にはだまされるな。実際に作ってみればそれほど費用がかかっていないことがわかる。そして「手間」という「手間」がない。これならケーキを電動器具をいっさい使わず作っているほうがかなり疲れる。それぐらいなのだ。チョコレートとはそれぐらいなのだ。

実際に作ってみよ。「苦労」と言うわれるものを知れ。作側の立場になってみれば見えてくることもある。

ちなみに、以前こういう話をしたら「材料の質が〜」なんて言ってきた人がいたが、「今そういう話をしているのではない」と言っても奴らには聞かない。「自分たちが苦労しているアピール」をやりたいだけなのだ。だったらカカオ豆から作ってみろって話です。3倍返しはそれからだ。

それにしても姪っ子のバレンタインチョコレートはうまい。ホワイトデーに何を返そうか。考えるだけで楽しい気分になる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事