毎年見ている映画『マトリックス』シリーズを再び見終えたので参考サイトさんをご紹介

ページ

 

毎年見ている映画『マトリックス』シリーズを再び見終えたので参考サイトさんをご紹介

2015年2月18日水曜日
映画『matrix(マトリックス)』

毎年必ず見る映画ってありませんか?僕はその映画の1つに「Matrix(マトリックス)」を当てています。マトリックスは、3部作の映画で、映画のストーリー補完用に「アニマトリックス」という様々なクリエイターが作った、マトリックスのサイドストーリー集があります。

つまり4本の映像があるわけです。

そんなマトリックスを2015年も見終えました。そこで、あらためてマトリックス似ついて調べてみたわけです。何度も何度も見てきた映画で、「やっぱりわからねー」部分もあるわけで、そういったことを解説なさっているサイトさんとかあるんですよねー。

映画「マトリックス」

1999年に放映された映画。まずはWikipediaからあらすじをご覧下さい。
トーマス・アンダーソンは、大手ソフトウェア会社のメタ・コーテックス[3]に勤めるプログラマである。しかし、トーマスにはあらゆるコンピュータ犯罪を起こす天才クラッカー[4]、ネオという、もう1つの顔があった。平凡な日々を送っていたトーマスは、ここ最近、起きているのに夢を見ているような感覚に悩まされ「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という、漠然とした違和感を抱いていたが、それを裏付ける確証も得られず毎日を過ごしていた。
ある日、トーマスは「起きろ、ネオ」「マトリックスが見ている」「白ウサギについて行け」という謎のメールを受け取る。ほどなくしてトリニティと名乗る謎の女性と出会ったトーマスは、トリニティの仲間のモーフィアスを紹介され「貴方が生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られる。
Via:マトリックスWIkipediaより

どう?そそる内容でしょ?今でもそそります。何度でも見れる映画です。この映画に出てくる銃シーン、「バレットタイム」は本当に見物です。たくさんのカメラを炎上に並べて、順番に高速で撮影することで、立体的に人物を撮影することが出来る手法。この映画でネオが弾丸をよけるシーンを誰もがまねしたことでしょう。


そんなわくわくさせてもらった「マトリックス」そして、続編の「マトリックスリローデット」「マトリックスレボリューション」と続くわけです。それぞれに「味」があり、それぞれ今見ても素晴らしい映画です。いま「マトリックス」シリーズを手に入れるなら、上記リンクのようなBOXになっているタイプの物がお求め安いのかなーと。一気にみるのは結構長いですが、手元に置いておきたい映画といえる物でした。


アニマトリックス

アニマトリックス

そして、マトリックスシリーズを「理解」するために「見たほうが良い」のが「アニマトリックス」です。「見なくてもマトリックスをわかるのか?」と問われれば、僕は「NO」と言います。是非見てください。「マトリックスリローデッド」に名前だけ出てくる「オシリス号」のお話や、なぜに機会に支配される世界になったのかがわかる「セカンド・ルネッサンス」等を是非見て欲しい。絶対にいて欲しいのは「KID'S STORY」です。

マトリックスシリーズを見たことある人ならピンと来たでしょう。そうです。あの「キッド」の話です。彼が現実世界に入る前の話です。これをみると「ネオに助けられた」という意味がわかってくるでしょう。

より深く、マトリックスの世界へ!


実はゲームもある

バンダイからマトリックスのゲームが出ているんですよね。「ENTER THE MATRIX」というPS2のゲームです。僕はぶっちゃけ持っていませんが、「プレイしている様子を見ていました」と言えます。友人がこのゲームの存在を教えてくれて、ゲームプレイをずーっと見ていたわけです。このゲームでは、ナイオビ側の動きを、つまり映画の裏でどういうことが行われていたかをゲームで知ることが出来ちゃうのです。すばらしい!

解説サイトってすごいね

マトリックスの魅力って何だろう?とか考えると、カッコイイ衣装とか、セリフとか、考え方とか色々と素敵な映画です。そしてー、そんな世界を解説なさっているサイトさんってたくさんあるんですよね。その一をご紹介します。


それがこちらのサイトなんですが、僕がずーっと気になっていたことが合ったのです。それは、「預言者」を守ってきた「セラフ」と言う人物。こいつはなんだ?いったいどういった人物なのだ?ともったら、セラフは実は〜〜〜〜と言う仮説をみて「おぉお〜なるほど!」と思いました。その仮説に達した理由などもおおむね納得いく物だったので新たなマトリックスの世界を見れたわけです。

ちなみにですが、ネタバレを多量に含みますので、映画を見終えた後にサイトを訪れるといいと思います。

マトリックスを見よう

映画公開から10年以上も経ちましたが、今でもこの映画に感化されることがあります。まだ映画をご覧になっていない方は、ぜひとも、マトリックスシリーズを一度目にして欲しいです。新しい世界が見えてくるかも知れません。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事