国道沿いのサガミで伊勢うどん食べ放題にチャレンジした

ページ

 

国道沿いのサガミで伊勢うどん食べ放題にチャレンジした

2015年2月22日日曜日
国道沿いのサガミ

三重県伊勢市の国道沿いのサガミ、なんか伊勢うどんの「食べ放題」があったので挑戦した。僕は挑戦しませんでしたが、GUMIさんが挑戦しました。挑戦というか「あー、食べ放題してー」って言う感じで挑戦しました。

うん。

なんだろう。食べ放題って、なんだろう。無限に「伊勢うどん」が食べられるということらしい。釜揚げなかんじの伊勢うどんです。

そんでもって、僕はそれを見ながら別の物を食べていたわけですわ。いやー、食べ放題ってすごいね、なんか。

伊勢うどん

「食べ放題」と聞くと、いったいどういうことを想像するでしょうか?「めっちゃ食べれる」「自分への挑戦」「限界などない」「元を取る」「無限」「宇宙」色々と思い浮かべる言葉があるでしょう。GUMIさんの場合は「伊勢うどん食べたい」だった。とは言っても、「食べ放題」でいったいどれぐらい気持ちがあれば「伊勢うどん」を食べることが出来るのだろうか?

よくわかりませんが、GUMIさんは結局5杯の伊勢うどんを食べた。

1杯が確実にでかい

伊勢うどん食べ放題で1300円ぐらいでしたが、1杯目時点でしっかりとしたセットが出ていました。てんぷら各種に色々な味が楽しめるように、「伊勢うどんのタレ」をはじめ「天つゆ」「ポン酢」「ラー油」といくつか付いてきました。そして薬味にネギとかショウガとかゴマとか…。

これで、5杯。

んでも、1杯の量は少ないかな?と思いきや、ふつうに1杯でおなかいっぱいになれる量でした。それを5杯。

いやー、目を疑います。5杯ですもの。

必要な伊勢うどんが発生したら、店員さんに言わないといけないのですが、それが「申し訳ない」と言う理由で伊勢うどん食べ放題を断念しました。なのでGUMIさんは、きっと、もっといけたでしょう。6杯、いや、7杯は行けたでしょう。

店員さんもびっくりしたでしょうね、なぜなら、1杯が進む量が半端なくはやい。きっと「え?もう?」ぐらいに思っていたのでしょう…。「伊勢うどんおねがいしまーす」→「もぐもぐ」→「伊勢ウドんお願いしまーす」って感じです。すごいな。と。正直すごいなと。

嫁ながらすごいなと。

やっている地域が限られている?

どうも伊勢うどん食べ放題は、このキャンペーンをやっている地域が限られているようです。三重県伊勢市の国道沿いではこのキャンペーンがやっていました。めっちゃ食べれちゃう、嫁氏の用な人が来たら忙しくなるんだろうな。

個人的に、もうちょっと早くうどんを用意できれば食べ放題感がさらにでたらいいかなと。うどんを待つ時間がぶっちゃけもったいなく、「おいおい、もしかしてこの時間を利用しておなかをいっぱいにさせようとしているんじゃないだろうか?」と疑えるぐらいです。要約すると「嫁氏が待ってんだろ、もっと早く持ってこい」ということです。

嫁氏がいれば、新たな歴史がつくられると思う。

ちなみに、4杯目あたりで、嫁氏は伊勢うどんのタレをぶちまけてしまったため、そこからモチベーションがダウンしました。それでも5杯行けたから良いでしょう。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事