男子でも「ひなまつり」ができる。そう、姪っ子がいればね。

ページ

 

男子でも「ひなまつり」ができる。そう、姪っ子がいればね。

2015年3月3日火曜日
ひなまつり

3月3日と言えば、内を思い浮かべるだろうか?そう、こち亀の両さんの誕生日だ!そして女子の日「ひなまつり」でもあります。しかし、「ひなまつり」は女子だけの祭りじゃない!姪っ子がいれば、「ひなまつり」を一緒に過ごせる!というか「ひなまつり」した!

ひなまつり

「ひなまつり」とは、女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事です。ひな人形を飾り、桃の花を飾って、白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句祭り。雛あられや菱餅を供えるのが一般的な「ひなまつり」と言われています。

姪っ子宅では、ひな人形を出さずに何かケーキとかおいしい物を食べてすごそうということになっています。そしてケーキを食べたわけです。『ひなまつりだからケーキ食べたよ』と言うだけの記事でございます。

ということで、「ひなまつり」で食べたケーキをご紹介します。

ひなまつりのケーキ


HINAMATSURIのケーキ…、というかイチゴタルトです。ケーキと聞いていて出てきたのがイチゴタルトでした。だからこれはケーキです。

イチゴ足るとだよね?

よくみると「ひなまつり」と書かれたチョコレートが乗っけられています。そして、人形とロウソクと金屏風が飾られている。

これは買ってきた物らしいのですが、これを見る限り、「ひなまつりにケーキを食べる」と言う行為自体が一般的なのかも知れません。男子なので知らない事実。

とりあえずどける

とりあえず色々な物をどけて、おもむろに金属の板を薄くして、物をキレるようにした包丁を用意します。もうやることといったら1つしかない。

そうです。この赤い果実を包丁で切断してやろうという試みです。

えいや!

「エイヤ!」と言わんばかりに切断されていくイチゴタルトケーキ。とりあえず食べる分に切断していきます。

やっぱりイチゴタルトじゃねーの?

そしてケーキ(やっぱりイチゴタルトじゃん?)を切り刻んで口の中に放り込むのです。

これで、21世紀の現代っ子がやっている「ひなまつり」を体感することが出来たわけです。

まとめ

  • ケーキを用意(タルトでも可?)
  • ロウソクに火をつける
  • 火を消す
  • 包丁で切る
  • 食べる

これが「ひなまつり」の締めです。

そうです。これは「締め」の段階です。実はこれの前に、手巻き寿司をたくさん食べるイベントがありました。男子にはこういうイベントがないような気がしますが、女子の行う「ひなまつり」は、続ければ太りそうですね!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事