ティファールの取っ手が破損したので新しくしてみた。デザインが違う!

ページ

 

ティファールの取っ手が破損したので新しくしてみた。デザインが違う!

2015年4月5日日曜日
ティファールの取っ手

「♪取っ手のとれるぅ〜ティファール」でおなじみのT-FALのフライパンを使っています。取っ手が取れるので場所を気にすることなく収納でき、料理器具を省スペース運用する人にとってはGoodな製品です。

先日、このティファールの取っ手が破損しました。原因はおそらく「強火のまま料理した」とか「直火が当たっていた」のどれかだと思いますが、取っ手とフライパンの接する面が割れていました。

ということで、ティファールの取っ手を新しくしました。すると、旧製品とはデザインが違った!

ティファールの取っ手


こちらが購入したティファールのとってです。以前は旧型を使っていて、中井も考えずこの新型を購入しました。箱から出していざ使おうとした瞬間に「あれ?もしあわなかったらどうしよう?」と、思ったのですが、全く関係なく旧製品でもこのティファールの新型デザインが利用できました。

そしてネットで見て気付いたのですが、カラーバリエーションがたくさんアリ、なによりネットで購入したほうが安かった。僕は店頭で買ったのですが、ネットのことを全く考えてませんでした。カラーバリエーション、こっちの方が良いな。

新旧を比べてみた

スマートになった

手前が新しいデザインのティファールの取っ手、後方に見えるのが旧製品です。新デザインは、スマートになったなと思いました。すごく未来的なすらっとした曲線です。

手前から見た様子

ティファールの取っ手を手前から見てみました。右が新デザインで、左が旧デザインです。フライパンを受ける金具の面積がましているようです。

以前のデザインでも問題なかったのですが、新デザインのこれだけ広い受けを見るとこちらの方がなんだか安心できます。

挟む部分

大きくデザイン…というか機能が変わったなと思うのは、フライパンの外川に当たる面です。奥の旧デザインは、デコボコとした面でフライパンを支えています。

手前の新デザインは、割とフラットな面でフライパンを支えるようです。

旧デザインのデコボコの一点が破損してしまいました。これはおそらくその一点に熱が加わるためなのかなと。新デザインではまんべんなく全体で熱を受け取れそうなイメージ。

まだまだ使える

ティファールのフライパンは、よっぽど適当な使い方を品限り破損等はなく、整備していれば長持ちする製品です(全ての製品に言えることですが。)

今回、取っ手を破損してしまいましたが、「なに」を「どうやったら」破損するかわかったので、それについて気をつければよいかなと。

ティファールの取っ手の値段も改めてわかり、次回、もし買う時があればネットを頼ろうかなと思います。


ちなみに、個人的に気に入ったのは、この「スカーレット」のカラーです。次回破損したら、こやつを選ぼうカナーと。

関連記事



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事