福山雅治、初のアコースティック・ギター弾き語りカヴァー・アルバム「魂リク」を聴く

ページ

 

福山雅治、初のアコースティック・ギター弾き語りカヴァー・アルバム「魂リク」を聴く

2015年4月16日木曜日
福山雅治 魂リク

2015年3月28日に15年を迎え、に15年間続いてきた番組の終了が発表されているニッポン放送「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル"魂のラジオ"」。そのリスナーによる人気リクエストコーナー「魂のリクエスト」から選りすぐりの曲をCD化された。

上記写真は、そんな「魂リク」の初回限定盤パッケージです。1992年ニッポン放送スタジオにて撮影された、当時22歳の福山雅治のパッケージ。

この初回限定盤の「魂リク」には、 『Document of「魂ラジ」』というDVDがついてくる。福山雅治演奏の曲を3曲と福山雅治へのインタビューが載せられている。

福山がすきなら、カバーソングが好きなら一度ぐらい聞いてほしいCDです。

福山雅治 魂リク


福山史上、初のアコースティック・ギター弾き語りカヴァー・アルバム!

2015年3月28日(土)に15年間続いてきた番組の終了が発表されているニッポン放送「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル"魂のラジオ"」。
リスナーから福山雅治に歌って欲しい名曲とその名曲にまつわるエピソードを紹介する番組内の人気リクエストコーナー「魂のリクエスト」から選りすぐりの名曲を初CD化!
ラジオのコーナーでも披露しているように、今作では福山雅治の真骨頂でもあるギター弾き語りというシンプルな形で表現されています。
Via:Amazonより

1. 銭形平次
2. 元気を出して
3. 長崎は今日も雨だった
4. 心の旅
5. チェリー
6. 糸
7. コーヒールンバ
8. Raining      
9. 雨やどり       
10. ZOO         
11. さらばシベリア鉄道
12. 12月         
13. Midnight Blue Train

全13曲、全て福山雅治の弾き語り、歌声でカバーされたすばらしいものです。

ギターステキ

ふだんドンシャリな音が出まくりのJ-POPを聴く人にこそ聞いてほしい。

ギターの弾き語りということで、「音のない瞬間」がたくさんある。J-POPを批判するつもりもないが、ギター弾き語りのような音楽をぜひとも聞いてほしい。

きっと、J-POPだけしか聞いたことのない人には新しい感覚だろう。

一方、ギターソングをよく聞く人たち。そいういった人たちにもきっと受け入れられるCDだと思います。適当じゃない。ちゃんとしたギターCDです。

是非とも聞いてほしい

懐かしのあの曲。リスナーが「リクエスト」する理由もわかる音楽ばかりです。この中で一番を選べと言われたら、僕は辻 仁成の「ZOO」を選ばせていただきます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事