泡…だと!?「スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 豚骨醤油ラーメン」を食べた

ページ

 

泡…だと!?「スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 豚骨醤油ラーメン」を食べた

2015年4月18日土曜日
衝撃の泡立ち

このパッケージのファースとコンタクトは「なにこれ?」でした。いや、だってそうでしょ。「衝撃の泡立ち」とか、「は?ふざけてんのか?」と思いましたからね。

まぁ、「奇抜な物」が好きな僕にとって、こういうカップ麺は非常に魅力的な製品であることには違いありません。

ということで、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 豚骨醤油ラーメン」を食べてみましたー。

まじで泡だった

泡立つらしい

まず、「スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 豚骨醤油ラーメン」のパッケージにはこのように書かれていました。「まぜると泡立つ」…と。

えっと…?何を言っているのでしょうか?「泡のもと」なるものがあり、それを入れると泡が出ると…。

ふむ…。とり合えず作るか!

取り合えず作ってみた

お湯を入れてみた

とりあえず、普通にお湯を入れて作ってみることにしました。これは「泡の元」を入れる前の状態です。ふむ、いたって普通の状態。ここから何か起きるわけでもなく、「一般的なカップ麺状態」と言う感じでしょうね。

あ、泡だと…!?

粉を入れた瞬間…。

「泡の元」なりものをさささと入れてみました。



すると…。





は?


シュワシュワシュワー


という音と共に、泡が現れてきました。ものすごい「フワッフワ」な感じの泡が現れちゃたわけです。もうね、「ラーメン…ですよね?」と言う感じ。

食べるッきゃない

ということで、この「泡だらけ」の奇抜な食べ物を食べた感想です。

この「泡」が「濃いめの味」をだしていて、それが麺と絡むので、「しっかりとした味」になるわけです。

ひれー、こんな味になるのかー!と驚き。

こんな感じらしい


しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメンです。
まろやかな味わいのポークエキスと臭みのあるポークエキスを醤油と合わせた豚骨醤油スープです。後入れ粉末スープ「泡のもと」でふんわり泡立てました。
程良く味付けした肉そぼろ、食感の良いキクラゲ、ごま、ねぎ、にんにくを加えて仕上げました。

なるほどなるほど、なかなか濃い味なのは色々と入っていたからなのかー。

まぁエースコックだからね

なんやかんや言ってみた物の、ぼくはエースコックの「スーパーカップ」があまり好きではありません。「変わり種」だったので食べただけです。とは言った物のその「衝撃」はしっかりとあり、「ネタ」として場を広げることになるでしょう。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事