木尾士目の「げんしけん」18巻を読んだ。

ページ

 

木尾士目の「げんしけん」18巻を読んだ。

2015年6月25日木曜日
げんしけん 18巻

続き物で読んでいるアフタヌーンコミックス、木尾士目さんの「げんしけん」18巻(二代目の九)を手に入れた。2002年からずーっと読ませていただいている漫画です。

タイトルにもある「2代目」とは、げんしけんというサークルにはいった主人公の代がおわって、次の代であるキャラクター達の話である。もちろん、初代主人公達も普通に出演したりするので、「時間がしっかり進む学園(サークル)物」として読ませていただいている。

初代の「げんしけん」では主人公達が学校を卒業するという形で終った。今回は「卒業旅行」のお話。それはもしかして終わりが近いことを表しているのかも知れない。

げんしけん18巻


続き物で学生時代からずーっと読ませてもらっている漫画。「もう18巻か…」なんて感想もありありで、毎回楽しみにさせてもらっている。今回は「卒業旅行」として、クッチーの卒業旅行展開に。場所は、矢島っち宅、新キャラとして、矢島母のキャラが濃いです。ツッコミとボケ担当している人ですね。

そのまえに、漫画を描いてきた波戸と矢島。双方げんしけんメンバーに評価を受けるも、矢島のほうが受けが良いようです。そして波戸に漫画について相談を受ける。

男の娘である波戸と矢島(女)のなんか色々な恋愛的な物に発展していくのカナーとか思ってます。

げんしけんを写真で見ていこう

オリジナル原稿

げんしけん会長をしている荻上。漫画家でもある荻上により、オリジナル漫画を氷解してもらう波戸。

矢島っち

そして矢島っちも漫画を描いてきたことを宣言。この後、双方の評価を受ける。

スーの気持ち

スーに拘束されている斑目。その時、スーに気持ちを聞いてみる。「スーは俺のこと、すっすすすすすすす好きっ…なん?どーなのかな?」となんとも斑目らしい質問、よくぞ勇気を振り絞った。そして、スーの返事は…。

漫画の評価

コチラは打って変わって、波戸が気になる矢島っちからの漫画の評価。この期、正直な感想を矢島に話され、その内容に納得する。ススメ波戸!矢島っち!

修学旅行パートといえば

初代のげんしけんでも修学旅行パートがありました。そこで、主人公であった笹原(旧会長)と荻上(現会長)がうまいこといって、いまの関係になっている。

今回の修学旅行ではいったいどういう「恋愛」な流れがあるのか?いやないのかも。

現時点で班目も呼んで、斑目ハーレム状態になっており、なぜか修学旅行に「アンジェラ」「笹原妹」まで呼び込むことになり…、今回の修学旅行で決めろと言うことです。斑目に一人に決めろと言うことです。

個人的には、スーが可哀想なので、スーを選択して欲しい。

クッチーはアンジェラとでもくっつけばいい。どっかいけ。

なんて思っている。斑目ハーレム。それよりも、矢島っちはどうしたいんだ。矢島っちの気持ちはどうなんだ。たぶん、彼女は、波戸を…。だめなのか?それじゃあダメなのかい?木尾士目さん!

みんな収まっちゃダメなのかい!?

ということで、修学旅行で何やら皆さん決定して欲しいです。そして修学旅行といえば、ね、入浴シーンとかね。

今回は女性陣がハンパなく多く、さらには、矢島っち宅なので、お風呂は一般家庭のヤツ。つまりは、狭い風呂なので何回も入浴シーンがあります。ね。ね。

収めて欲しい気持ち

「みんな幸せーわーい!」じゃだめなのでしょうか?どろどろとかそういうの、僕は求めれないです。みんな幸せが良い。もうハーレム維持は無理でしょうけど、ヒロインである斑目には幸せになって欲しい。笹原妹は、なんかどうにかなってほしい。いや、だめだ。何とかしてくれこの気持ち。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事