小型防水Bluetoothスピーカー「OMAKER M4」はコスパよさげ!iPhoneとつなげるよ!

ページ

 

小型防水Bluetoothスピーカー「OMAKER M4」はコスパよさげ!iPhoneとつなげるよ!

2015年6月10日水曜日
OMAKER M4 小型Bluetoothスピーカー

OMAKER社製、小型防水Bluetoothスピーカー「OMAKER M4」を紹介します。

Bluetoothということは、iPhoneに対応しており、しかも防水ということは風呂で使えるということなのだ。小型だしバッテリー駆動だからアウトドアでも余裕でOKなBluetoothスピーカーです。良いところ、悪いところをご紹介。小型のBluetoothスピーカーを考えている人に見てほしいかも。

防水Bluetoothスピーカー「OMAKER M4」

OMAKERのロゴ

小型スピーカー

OMAKERのロゴが描かれたシンプルなBluetoothスピーカーです。大きさはiPhone6Plusを横に置いてみたので参考にしてほしいです。

iPhoneやMac等との接続は、Bluetoothを利用して接続できます。一度繋いだら次回以降は電源を入れたらイイって言う感じ。

NFCニモ対応している

接続方法は外にも合って、NFC接続が可能。例えば、Android端末なんかはこのNFCで接続したほうが楽かも知れませんね。

良いところ

OMAKER M4の確実に良いところは、「安さ」だと思います。ぶっちゃけもット安いBluetoothスピーカーはあるんだけど、けっこう「音」もしっかりしていた。スピーカーってしょぼいヤツだと音量上げていけば上げるほど、ユニットが対応しなくて音が割れちゃうんだけど、こいつはそんなことなく、音を大きくしても結構大丈夫だった。

また、バッテリー駆動時間が12時間も持つって言う。それでも100%の音量だったら6時間なんだけど、僕個人が100%のパワーで聞く時はおそらくなくて、「50%ぐらいで聞くかな」って思います。お風呂シーンなんかだったら、絶対に100%とかの音量で聞かないわ。それはうるさすぎる。めちゃくちゃ音がでかくなっちゃうよ。

つまり、あれだ「コスパ」が良いってやつ。

悪いところ

フタの部分


デモやっぱり良いところばかりじゃない。「防水」ってなってるけど、ケーブル穴用のフタが防水しきれないかも知れない。水に浸したら多分無理だ。それでもちょっとした水ぐらいなら耐えれるかもね。ココは何かしっかりとした防水設備が欲しい。

また、ハンズフリーで通話できちゃうんだけど(多分マイクが入っている)相手側に、相手の声が届いちゃうという。このOMAKER M4を使って通話はちょっと無理かナーと。

全体的にアリ

ということで、実際にOMAKER M4を使ってみて、全体的に「アリ」な製品と認識。防水の部分はちょっと改良が必要だけど、「水に浸ける」とかじゃない限り大丈夫でしょう。こんなに音とがでかくなくて良いし、ぶっちゃけNFCいらないから(Androidじゃないから)防水面を強化して欲しい!

コスパ的にはかなりアリなBluetoothスピーカーです。常用できちゃうレベル。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事