中学生に2008年アニメ「イヴの時間」を見せて、考えてもらった

ページ

 

中学生に2008年アニメ「イヴの時間」を見せて、考えてもらった

2015年6月22日月曜日
イヴの時間

2008年のアニメ作品「イヴの時間」を姪っ子とその友達(中学生女子)に見せてみることにした。この作品で「ロボット(アンドロイド)」と「人間」の関係について少し考えてみて欲しかったので見せてみたわけです。「イヴの時間を見せて、姪っ子達は何を思うのか?

イヴの時間の説明と、僕が思っていたもくろみをご紹介。

イヴの時間を見て

姪っ子と友達

僕は、姪っ子とその友達と良く遊びます。非常に奇妙な関係ですが、そういう遊び仲間みたいな物です。今回は明和から僕の家がある鳥羽まで一緒に来て遊ぶことになりました。前日から泊まりを入れ、「映像作品」をいくつか見てもらうことにしました。

今回見てもらった作品の中に「イヴの時間」があります。

アニメ「イヴの時間」

2008年から2009年の間に、ネット上で無料で公開されて潮来のアニメ。全6話構成で、総再生回数が300万回を突破。そして追加シーンが入れられた『イヴの時間 劇場版』が2010年に全国公開されました。

今回は『イヴの時間 劇場版』を見せたわけです。

ストーリー

未来、たぶん日本。
ロボットが実用化されて久しく、
人間型ロボットが実用化されて間もない時代。


ロボット倫理委員会の影響で、人々はそれを“家電”として扱うことが社会常識となっていた。頭上にあるリング以外は人間とまったく変わらない外見に影響され、必要以上にアンドロイドに入れ込む人々は“ドリ系”と呼ばれ社会問題とされるほどである。

高校生のリクオも幼少の頃からの教育によってアンドロイドを人間視することはなく、便利な道具として利用していた。ある時リクオは、自家用アンドロイドのサミィの行動記憶の中に奇妙な言葉が含まれている事に気づく。

親友のマサキとともにサミィの足跡をたどると、そこには「人間とロボットを区別しない」というルールを掲げた奇妙な店が広がっていた…。
イヴの時間 | スタジオリッカ
映画『イヴの時間』予告編

今回の目的

上記「イヴの時間」を見て考えて欲しいことがありました。

  • もしこういう世界が着たら、アンドロイドをどう扱うか。
  • 「イヴの時間」に行ってみたいか。

主人公は「高校生のリクオも幼少の頃からの教育によってアンドロイドを人間視することはなく」といった教育を受けているのですが、受けていない側の人間からしたら(姪っ子)、アンドロイドが道具のように扱われていることについてどう思うのかを知りたかったのです。

アニメ「イヴの時間」の世界では、完全に道具扱い。外見はかなり人間に似ているのですが、頭上の「リング」があるだけで道具のように扱っている。そして、仮に家族のように扱っているのであれば「ドリ系」と呼ばれているのです。

そして、「人間とロボットを区別しない」というルールが設けられたお店「イヴの時間」(店名です)に行ってみたいかどうかです。

答えはこうなった

  • アンドロイドが可哀想
  • サミーカワイイ
  • 髪を結んでいるほうが好き
  • 捨てるとか意味わからん
  • マサキので泣きそうになった

というように、アンドロイドの扱いについて「可哀想」と言う感想を頂きました。つまり、姪っ子的には「道具」より『家族』扱いしたいとのこと。

とりあえず、あの世界とコチラの世界の違いは「人々はそれを“家電”として扱うことが社会常識となっていた」という教育があるからです。その教育がないコチラ側は、「可哀想」と思ってしまうのですね。

もうちょっと他の考えが聞けると思ったのですが「ロボット三原則」という知らない言葉とか「アンドロイドと人間の区別がついていない」ため、難しいと感じたみたいです。

なので「わからん」という意見も聞けました。これは、出来ればもう一度見て欲しいと思います。

主人公リクオ(そしてその姉)より年上の人(両親など)は、おそらく「教育」を受けはじめなのでしょうか?リクオの母はアンドロイドを「ちゃん」付けするなど、「家族」と考えている節があるようです。(妄想です)

なので、姪っ子が言う「サミーカワイイ」や「髪を結んでいるほうが好き」という考えを持っているのかも知れません。生粋の教育を受けてしまったリクオが抱けない考えです。

そして、「イヴの時間」に行きたいかという問いに対しては、満面の笑みで「ウン!」って言ってくれました。この子は良い子です。

イヴの時間を再び


「イヴの時間」をみて、姪っ子は僕とは違った考えをしてくれました。たしかに「サミー」はカワイイです。そういったことを素直に考えられちゃうのはいいことですね。

イヴの時間は、まだ色々と埋まっていないことが有り、「第二期」についても色々と上がっているみたいです。とりあえず、今出ている「劇場版」でもみて「この作品を見て考えて欲しい」。いったい何を思うやら。

Are you enjoying the time of EVE ?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事