黒咲練導さんの漫画『放課後プレイ High Heels』の2巻を手に入れてちょっとした安心感

ページ

 

黒咲練導さんの漫画『放課後プレイ High Heels』の2巻を手に入れてちょっとした安心感

2015年7月27日月曜日
放課後プレイ High Heels

黒髪ロングクロスト長身ハイヒールでS気味でありつつも若干泣き癖のある彼女さんがヒロインの「放課後プレイ」シリーズより、『放課後プレイ High Heels 2』が出ました。作者である黒咲練導さんの作品が好きで、短編集やこの「放課後プレイ」シリーズも全て網羅しており、その2015年中ごろに出た最新刊として手に入れました。

同作品のキャラクターには名前はなく「彼女」「彼氏」「先輩」「後輩」「部長」といった敬称で全て語られています。そんな「彼女」さんと「彼氏」くんのいちゃいちゃがつまった『放課後プレイ High Heels 2』でした。

先に行っておくと、黒咲練導さんのキャラクターやその表情や描写などには、好き嫌いが分かれるらしく。僕はもっぱら好きなのですが、コレを苦手とする人にはあまりおすすめできません。

それでも僕は、黒咲練導さんの絵がかなり好きなので…、もうね、これはね、是非読んで欲しい。

黒咲練導さんの「放課後プレイ」


放課後プレイシリーズを見たことがある人ならわかりますが、名前を伏せたマニアックな「ゲームネタ」と「いちゃいちゃ」が詰まった作品です。シリーズタイトルに「High Heels」と付き、外伝らしい漫画となっています。その第二作目が『放課後プレイ High Heels 2』です。

ぶっちゃけゲームネタの大半が理解できないのですが、途中から繰り広げられる彼氏と彼女のいちゃいちゃっぷりがね…。

第三者目線で彼氏の家に来た彼女さんとのやりとりを拝見するのですが、そのやりとりに「ニヤニヤ」や思わず赤面してしまうような、何だか悶えてしまうような漫画です。他人のいちゃいちゃを見てニヤニヤ出来る人はさぞイイでしょう。

漫画の様子

いちゃいちゃ

今回の「放課後プレイ」は、彼女からの誘いや攻めが多いように思えました。なんだか彼氏も返しの攻めがかなり積極的になっている印象。彼氏からの誘いもあったり、何だかこの二人は初期の「放課後プレイ」からすると立派に成長していますね。

また、放課後プレイ High Heels 2』では、彼女が泣いちゃいます。家に来たけど誰もいなくて玄関で待っていて、電話にも出なくて…ってとき。第三者目線から「あ、これ泣くやつや」と思いきや数話泣かなくて、そしてやっぱり泣いて。

彼女さんカワイイなって思います。

例の先輩と後輩や部長などいろいろ「ちょっと」だけ出没します。それでも「濃い」イチャコラを見ることが出来ちゃうという。

他人のイチャコラ

黒咲練導さんの「放課後プレイ」は、他人(といっても漫画のキャラクター)のイチャコラを見ても不快に思わない人ならちょっと読んで欲しいところです。両者不器用ながらも「好き」と言う気持ちを徐々に出していくこのやりとる。どうやってつき合い始めたのか疑問に思えるぐらいの仲なのですが、ほんとうに、見ていてニヤニヤできます。

そして二人のやり取りを見て安心してしまった僕がいました。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事