今敏の映画「PERFECT BLUE」の絵コンテ集を手に入れて良かったと思った。

ページ

 

今敏の映画「PERFECT BLUE」の絵コンテ集を手に入れて良かったと思った。

2015年7月6日月曜日
PERFECT BLUE

2010年に急逝した今敏さんの映画「PERFECT BLUE」の絵コンテ集を手に入れました。こいつの存在を知ったのは、三重県松阪にあるヴィレッジヴァンガードです。大友克洋索引などが置かれているコーナーに突如現れたのがこやつ。ずーっときになっていて、手に取ったり、重さや値段を確認したり表紙を撫でていたり。非常に気になっていた絵コンテ集です。

この度、手に入れました。

絵コンテ集ということで、「PERFECT BLUE」の全編が絵コンテとなっているヤツです。これを見れば映画を追えることがかのうな絵コンテ集。めちゃくちゃいっぱいある絵コンテを楽しめました。

「PERFECT BLUE」の絵コンテ


この製品には以下の物がついてきます。

  • 映画『パーフェクトブルー』全絵コンテ(A/B/Cパート+欠番、計380ページ予定)※ケース入り
  • 小冊子(版権イラスト・美術ボード・各種設定資料等、合計約300点を収録予定、48ページ予定)

めちゃくちゃページ数が多く、載せられているイラストや美術ボードのかつもスゴイ。小冊子だけでもかなりの価値があると思いました。

写真でご紹介

今はなき今敏

今敏(こんさとし)さんのプロフィールがかかれている。この写真を何度見たことだろうか。

今敏さんの作品である「千年女優」「パプリカ」「東京ゴッドファーザーズ」「妄想代理人」「オハヨウ」を何度も何度も拝見させてもらっています。色々な人に是非見て欲しい作品なのです。

そんな今敏さんの最初の作品「パーフェクトブルー」の絵コンテ集。

3つのパート

めっちゃ描いてある

絵コンテってこんなに描く物なのでしょうか?これ自体がすでに作品になっている気がする。それほど描かれています。

手っ取り早く知る





手っ取り早く、今敏さんの作品を知るにはこれを見たほうがイイです。うん。ほんと。

「Satoshi Kon – Editing Space & Time」で今敏さんの作品の魅力がふんだんに教えてくれますよ。
※パソコン表示だと日本語字幕が尽きます。


手に入れて良かった


結果として手に入れて良かったです。復刻ドットコムからでている。なんて素晴らしいんだあそこは。映画、またみたくなったな。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事