iOS9になってAssistiveTouchがべらぼうに使える奴になった

ページ

 

iOS9になってAssistiveTouchがべらぼうに使える奴になった

2015年9月17日木曜日
iOS9になってAssistiveTouchがべらぼうに使える奴になった

iPhoneで良く使う機能の一つとしてAssistiveTouchと言う物があります。iOS9より前のOSでは、AssistiveTouch自体はある物の、「ちょっとだけ面倒くさい物だなー」と言う感じでしたが、それでも役立つ機能でした。

ところがどっこい、9月17日に日本で配信されたiOS9より、AssistiveTouchがメッチャ使える存在になりました。

以前まで、よりiPhoneで使う機能となったAssistiveTouchをご紹介します。

iOS9のAssitiveTouch

「AssistiveTouch」とは、iOSの補助機能「アクセシビリティ」の一つで、いくつかの用途があります。

  • ホームボタンとしての機能
  • 通知センター表示
  • Siri表示
  • コントロールセンター表示
  • 画面をロック
  • 音量の上下
  • スクリーンショット

などなど、いくつかの機能にアクセスできるという物です。iOS9より前の状態では、それらを利用できるものの、ワンテンポ挟まないとイケナイ煩わしさがあったのです。

そしてiOS9ではやっとこさ強化されて、「非常に使える物」となりました

こんな感じにしています。

AssistiveTouch

これがiOS9より追加された「AssistiveTouch」の設定画面です。なんと、8個まで独自でアイテムを入れることが出来ます。個人的には8個も要らないのですが、使いそうな奴を追加してみました。

AssistiveTouchに設定してある物は、「通知センター」「画面の向きをロック」「消音」「スクリーンショット」「コントロールセンター」「ホーム」「Siri」「マルチタスク」です。他にもいくつか選べる要素が有り「使う人によって代わる」と言った感じです。

今までコレが全て固定されたアイテムだったのですが、それらがなくなりました。

この設定のアクセスは、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」>「最上位レベルのメニューをカスタマイズ…」より上記設定に行けます。iOS9になったからにはこの機能を是非とも使うべきカナーと。

ってか始めから付けといて欲しい

「AssistiveTouch」自体は古いiOSからあったのですが、どうしていままでこのような機能がつかなかったのだろうか?前から検討されていたとしたら、モット早めにこの機能が欲しかった。

何はともあれ、まだiOS9にしてないひとは、これだけのためにアップデート…とはいかないですね。まぁ、こういう機能がありますよと。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事