複数ページのあるwebサイトを自動的に表示してくれるChromeの拡張機能AutoPagerize

ページ

 

複数ページのあるwebサイトを自動的に表示してくれるChromeの拡張機能AutoPagerize

2015年9月27日日曜日
autopagerize

ページまたぎがあるwebサイトって、文量が多くてわざわざ分けてくれているのはわかりますけど、ぶっちゃけwebクリップする側からしたらうざったくてしょうがないです。

特に、技術掲載とでそのような「心遣い」を受けるのですが、やっぱ1ページで保存したいわけです。

もちろん、保存する側の工夫次第でどうにでもなるのでしょうけどね…。

ということで、そんな時に使えるのがChromeの拡張機能AutoPagerizeです。ページまたぎがあるサイトなら自動的に適応してくれる奴です。

AutoPagerizeでページをまたぐ

いきなり拡張機能のダウンロード崎をご紹介するとコチラ。

まず、説明は先ほど書いたように「ページまたぎのあるサイトを自動的に表示してくれる」というやつです。それだけができます。

Googleの検索結果なども自動的に一気に表示してくれるらしいのですが、ちょっとしたバグがあるらしく、「うーむ」と言う感じ。

バグに付いては、下記サイトの下あたりをご覧下さい

んで、そこのサイトでも紹介されていましたけど、「Google Auto Next Page」という拡張機能も気になる。これは、先ほどのAutoPagerizeで出てきた「バグ」を回避できるやつっぽいです。

まぁ、とりあえずAutoPagerizeを入れます

ページまたぎのサイトがあって、Evernoteでクリップをどうしようと悩んでいるところで利用させてもらったのが「AutoPagerize」です。ページまた議しているサイトを批判しているわけではなく、「ほぞしづらいなー」って思いました。

ただそれだけ。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事