ドロヘドロ、カイマンフィギュアの詳細が公開される。超カッコイイ!

ページ

 

ドロヘドロ、カイマンフィギュアの詳細が公開される。超カッコイイ!

2015年9月30日水曜日
ドロヘドロ カイマンフィギュア

僕が小学館の漫画雑誌「IKKI」と出会った頃からすでにやっていた、林田球さんの作品「ドロヘドロ」。その漫画に出てくるトカゲの頭のキャラクター「カイマン」のフィギュアがthreezeroの手により手がけられました。

threezeroさんと言えば、高クオリティのスーパーな可動フィギュアを提供することで有名で僕の身分なんかが手を出してはイケナイぐらいちょう素晴らしく高いフィギュアが多々あります。カイマンも例外ではない。

いや、でも、その値段はやっぱり「高クオリティ」を考えると「妥当」だと思える値段なのですよね。

んで、そのカイマンフィギュアが2015/9/30〜11/30の間に予約受け絵付けていて、なんてこった受注生産っていう…ね。

待っていたカイマンフィギュア

僕が「カイマンのフィギュア出ないかなー」とおもていたのは結構前。あれから数年経ち、カイマンフィギュアの情報が出てくると名前が挙がってきたのが「threezero」さん。僕の中でthreezeroさんといえば、メタルギアソリッドのREXフィギュアとかで名前を知っていて、モット調べてみたらメッチャかっこいい人型フィギュアなんかも出しているところでした。

高級可動フィギュア「ホットトイズ」とくらべると、渋カッコイイという感じのフィギュアを出している会社さんです。

そんなところから出るカイマンフィギュア。ある程度値段の予想をしていたのですが、9月30にの0時にアップされた林田球さんの公式ブログにて値段を見て、その「壁」がやはり分厚いです。

2万円後半の壁

このフィギュアは2万円後半の値段がします。ぶっちゃけ3万円です。threezeroさんのフィギュアたちからみて「3万円ぐらいカナー」とか想像していたのですが、いざ提示されるとたじろむ。というか諦めました。ごめんなさい。僕の身分ではやはり難しいです。

しかも受注生産

公式Blogで描かれている通り「一般販売はしない」感じですね。予約を受けた分しか世界に出回らないということでしょう。世界にいったい何体はきだされるかわかりませんが、このフィギュアは予約以外では絶対に手に入らないものだということです。

どうする俺

いや、むりですし。その値段レンズ変えちゃいますし。今からでもスクラッチやらなんかして無理やりお金作ったらかんがえます。いやでも、11月30日まで期限あるし…。なんか…無理やるお金作るって言う手も…。ぐぬぬ。ぐぬぬ。

ぐぬぬ…!

わかりません。

カイマンフィギュアの写真とか

動く

あのカイマンがフィギュアのサイズになってこんな感じ。threezeroさんのフィギュアといえば1/6で30cmとかありますからね。でもその「1/6」ってのは一般男性キャラクターの1/6で30cmぐらいです。漫画のカイマン自体は2mを越えています。つまり、このフィギュアは30cmを優に越える大きさです。

フィギュアって言うか「お人形」って感じのサイズです。

カイマンフィギュア

なんかストア限定でこんな感じ物が付くっぽいです。ホルマリン漬けのカイマンとかいいね!わかっているね!

付属品はトカゲヘッド(2種)、ガスマスクヘッド、ストアの包丁、餃子弁当セット、手の付け替えパーツ3種、ナイフ3種だそうです。すげーな。ホルマリンの奴だけデラックス版。

予約購入はコチラから

カイマンフィギュア…僕は…たぶん…。いや、いいや。予約販売は以下のサイトです。はいはい。

どうぞ。

すきにどうぞ。

MHzショップからだと林田球さんの漫画がつくよ!まじだよ!これだけでも販売してくれないかな!







この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事