iPhoneで録りためた写真を紹介、覚えていたらアプリやコンセプトなどもご紹介します。(写真数33枚)

ページ

 

iPhoneで録りためた写真を紹介、覚えていたらアプリやコンセプトなどもご紹介します。(写真数33枚)

2015年10月26日月曜日
写真数34枚

iPhoneで写真を撮影しては、編集ソフトとかを使ってInstagramなどのSNSに投稿したりしてます。そんなほぼ毎日撮影している写真をこのブログでいくつかご紹介したいと思いました。ちなみに、撮影アプリはProCameraを長いこと利用させて頂いています。

写真数は33枚で(記事が重いです)、写真の状況や使用アプリなどがわかればご紹介したいなと。

例えば、上記写真は三重県鳥羽市にある「市民の森」付近で撮影した写真です。細かいことは全く覚えてないですが、そういった感じの情報が載せれたらなと思います。

利用アプリは写真後にまとめます。

iPhoneで撮影した写真

家ノ前

ProCameraの機能「HDR撮影」で撮影した後、Enlightで画像を調節して、RNI Filmsで一気に雰囲気を付けた写真です。わが家のレンガタイルは父が設置しています。

コーヒー

ProCamera撮影後、Enlightでちりちり編集した後、VSCO Camで雰囲気作りをしました。義姉の実家で姪の勉強会が合った日です。
トランプ

Enlightでハイキーにしたあと、RNI Filimsで一気にやった後、再びEnlightで微調整しました。白い壁のある場所。

RNI

良く覚えてません!

卓郎さん

ProCameraで撮影後、Snapseedで明るめにし、BLACK - B&W Film Emulatorでモノクロ調にし、同ソフトの編集機能で更に仕上げました。自宅にて。

Procamera

ProCameraのHDR機能で撮影。とあるばしょにて。

プロカメラ

ProCameraのHDR機能で撮影した後、Enlightで明るめにし、PS Touchを使って同じレイヤーをスクリーンで載せました。

覚えてません

おぼえてません!

覚えてません!

覚えてません!たぶん、Blackを使いました!

サウンドエース

ProCameraのHDRを使い、Enlightで微調整。その後RNI Filmsにかけました。場所は伊勢市のオーディオ店のサウンドエースさんです。

三重県鳥羽市

ProCameraで撮影後、Enlightで微調整。ENI Filmsにかけました。微妙に空は合成です。三重県鳥羽市中之郷にあるお肉屋さん「豚捨」の前です。この通りはとあるタイミングで全く車が来ないのでこういう撮影ができます。

サウンドエースさん

標準カメラで撮影後、RNI Fimlsでちょいちょいと。サウンドエースさんでZonotone の「Z・SHELL 10」が視聴可能になった記念です。

実家です

Enlightの「構造」と言う物を弄ると、濃い感じになります。自宅。

シャープモノクロ

Enlightでシャープにした後、VSCOでモノクロにしました。

Enlightがすごい

ProCamera撮影後、Enlightで無理やりこの色にしました。

ぬるっとした感じ

Enlightで調整後、RNI Filmsでぬるっとした感じに調整しました。

伊勢

Enlight。伊勢河崎。
めんどくなってきた

わからん。

Enlight

Englihtで微調整。

ProCamera

Enlightで濃くしました。

たくろーさん

ProCameraで撮影後、Enlightで微調整。その後、BLACKにあてます。

PRocmaera

ProCameraで撮影。その後Enlight。
Enlight

ProCameraで撮影後、Enlightで明るく濃く、シャープにしました。

ProCamera

Enlightでシャープに。

ぬるっとする

ProCameraで起こさないように撮影後、Enlightでシャープに暗くさせ、RNI Filmsでぬるっとさせます。

ProCamera

ProCameraのHDRで撮影後、Enlightでトリミングとサイドを調整。

おぼえてない

覚えてません。

トランプ

ProCameraで撮影後、Enlightで成るべく白くさせました。

トリミング前

ProCameraで撮影後、Enlightで雰囲気作り。RNI Fimlsで最終的な雰囲気を調節。この後、Instagramで強制的に正方形にトリミングします。

鮮やか

元々の物体が鮮やかだったので撮影後、雰囲気をつけるためにVSCO Camにかけます。

靴

モノクロ調子にしたかったので、ProCameraで撮影後、Enlightで輪郭を作り、Blackで微調整しました。

RNI Fimlsやとおもうわ

ProCameraで撮影後、RNI Fimlsで微調整と最終調整。

それぞれいくつかのアプリを使っている

基本的に「撮って終わり」はやらないようにしていて、カメラアプリで撮影後に編集アプリや調節機能付きフィルターアプリを通してSNS等にアップしています。

別にそうやらなくても良いのですが、いわゆる「自己満」の世界です。

利用したアプリ

撮影アプリはProCamera


基本的によっぽどのことがない限り、撮影には「ProCamera」を利用させてもらってます。写真撮影はもちろんのこと「HDR撮影(アプリ内課金)」や基本的な写真編集(フィルター有り)やSNS投稿など、複数のアプリを必要とすることをこのカメラアプリ一つで終らせることが出来ます。

でも、このカメラアプリで利用するのは基本的に写真撮影が主です。「フォーカス調整」や「露出調整」など、写真撮影で結構必要なことを出来るのが特徴です。I love ProCamera!

あと、個人的自慢ですが僕の本名がこのアプリには刻まれているようです。

Enlightで写真調整

写真調整には「Snapseed」も使っていたのですが、最近では「Enlight」を多用するようになりました。部分調整は100%Snapseedの方が勝っていますが、そういったことを必要としない写真はEnlightで調節させてもらってます。

まず、「できない事と無いんじゃない?」というぐらい写真編集が出来まくります。「あって良かったEnlight!」なんて思いますね。高いだけあります。

フィルム好きにはこのアプリ


フィルム好きにはやっぱりこのアプリでしょ!デジタルカメラってフィルムっぽくするの結構苦手。でも、こういうエミュレーター的なアプリでフィルム撮影したっぽくできるのはうれしい。

基本無料でいくつかフィルムの種類があります。一気に雰囲気が変わるのが素晴らしい!

ちなみにRNIには「really nice images」という意味があります。うーんナイス!

OK!写真を楽しもうじゃないか…。


そして、RNI Fimlsと同様に雰囲気作りに多用させてもらっているアプリVSCO Cam!コチラもフィルムエミュレーターぽい雰囲気で使えます。フィルムの種類も豊富で、写真の雰囲気を一気に作りたい人は是非このアプリを!

写真が急激に楽しくなるアプリです。

モノクロ好きですか?


こちらもフィルムエミュレーターの一種。ただし、全部モノクロ!先にあげた「RNI Films」と「VSCO Cam」にはアプリ内課金で似たようなモノクロ調に出来る物があるのですが、こちらはサササとモノクロに仕上げれます。もう、モノクロラバーなひとは、このアプリ推薦です。

たまに使うゴッツイツール


たまに使うのですが、その機能が強力すぎるので手放せない写真編集アプリです。Adobeのソフト、Photoshopの超強力アプリ。こいつの「Reduce Noise」がものすごく使える。絶対手放したくない。

自己満でも楽しい

ぶっちゃけSNS投稿は自己満足のレベルです。それでも、写真を撮影するのが好きなので見てほしい。そんな思いから撮りまくっています。そして今回あげたアプリはぶっちゃけ「高い」(アプリ内課金も合わせて)ですが、ゲーセンとかで使うことを考えるとかなり安いんじゃないかなと。そう思っちゃいます。

こんかい「録りためた」と書きましたが、実際にはコレの数倍は撮影して一杯残してあります。全部乗っけるのが面倒くさかったのでやめました。

アプリ、参考になりますか?僕はこのアプリ以外にも使ってますが、主体はこいつらです。もしよかったら使ってみてください(一部有料だけど)。もし、わからないことがあれば、Twitterなどでいくらでも質問受けます!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事