初のMacBookが着てから1年が経過、導入した物とか使ったアプリをご紹介。

ページ

 

初のMacBookが着てから1年が経過、導入した物とか使ったアプリをご紹介。

2015年10月24日土曜日
Mac

時が経つのは早い物です。2014年10月24日に初めてのMacに「MacBook Pro 13インチ Retina」を手に入れてから1年が経過しました。1年が経過して、ほぼ毎日起動していたMacBookはブログで結構役立ってくれたなと思います。

ここで、MacBookに導入した物とか、メッチャ使ったアプリとか載せていこうかなと思います。

MacBook1年でどう変わったのか

バッテリー劣化を考え


そもそも、何故MacBookに変えたのかというと、学生時代から使い倒してきてPanasonicのLet's Noteさんの電源部分がおじゃんになりました。バッテリーを替えても何も変わらなかったので、これはダメだという判断から新PCを導入しようと。

今回手に入れたAppleのMacBook Pro 13インチ Retina」は、前回の苦い想い出「バッテリーが悪いと思ってバッテリーを買っちゃった」というやつを無くすために、最初からバッテリーに負荷をかけないようにしました。(というよりも、このMacBookはバッテリーを交換できない。)

上記記事の通りにバッテリーを駆動させると、バッテリーが劣化されず(使用せず)に動かすことが出来る。その結果、1年間で充放電回数は36回ですみました

先ほども申したように、1年間ほぼ毎日使い倒してきた騎手です。この方法をとらずして、36回という充放電回数ですんだでしょうか?いや、無理だね。

キーボードを守った

MacBoookを使い始めて、僕の体毛がキーボードの中に入らないか、とても心配になりました。そこで導入したのが、こちらのキーボードカバーです。密封に近い形でキーボードを守ってくれるカバーです。貼るのが結構難しいのですが、これは取り付けて正解だなと思いました。

傾斜が欲しかった

作業する場所にも寄るのですが、MacBookでちょっとした傾斜と放熱のためにコチラの製品を取り付けました。Bluelounge Kickflipのよいところは、外れてもまた粘着面を洗えば取り付けられることです。

入れて良かったアプリ



絶対必要だろうと思ったのがメールソフトです。ぶっちゃけAirMailは無料でベータ版を使えるのですが、今後のために有料版を手に入れました。Macでオススメなメールクライアントです。


言わずと知れたパスワード管理アプリの「1Password」です。すでにWindowsでも使っていて、Macでも絶対に使うと確信していたアプリです。上記記事の方法を知っていれば、iPasswordを結構安い値段で購入できますよ!

1年経過して体は悪くなった

体調が悪い

1年が経過して、大きく変わったのは、身体的に悪くなったことです。このMacBookが届いた時は、おそらく良い感じに活動してきていましたが、今はベントごとに行くのも辛い感じです。

うーむ。

連携が素敵

Macに導入したいくつかの製品やアプリ、入れて良かったなと正直にそう思います。無くてもMacは良い感じなのでしょうけど、個人的には入れたほうが言いと言えます。

ブラウザもChromeで連携してますし、DropboxやEvernoteでおおまかな物はやり取りしている。クラウドっていいっすね。

MacとWidowsとの大きな差は、やっぱりiPhoneとの連携が標準で効いていました。よくiPhoneで写真素材などを作っていたので、Macにすぐに移せるのは非常に楽だなと思いました。それ以外にもたくさんありますが、ブログをやっていく上でMacBookは非常に役立ってくれています。

次の1年もこいつで頑張っていきたいなと。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事