Adobe Capture CC「キャプTつくろうキャンペーン」に当選してしまった!しかも世界に一つだけの「鳥羽駅Tシャツ」になった!

ページ

 

Adobe Capture CC「キャプTつくろうキャンペーン」に当選してしまった!しかも世界に一つだけの「鳥羽駅Tシャツ」になった!

2015年11月30日月曜日
Adobe Capture CC「キャプTつくろうキャンペーン」

Adobe Creative Cloudがひっそりと行っていた企画『Adobe Capture CC「キャプTつくろうキャンペーン」』に応募したら当選しちゃったというお話。

Adobe Captureとは、写真からシェイプ機能で作られた「ベクター画像」をつくっちゃうというもの。平たく言うと、Photoshopとかillustratorとかで、メッチャ便利に画像を使うために変換してくれるアプリという奴です。

んで、そのAdobe Captureを使って、待ちの風景とかを撮影するのが今回の企画(応募テーマが「Capture the City」)なのです。そして僕が選んだのは、自分の住んでいる町「三重県鳥羽市」の「鳥羽駅」を選びました。

伊勢志摩サミットで「あれ?鳥羽は?」とか完全な鳥羽飛ばしをウケている中、「鳥羽駅」がAdobeに選ばれて「どうだ!てめえら!」と言い返したい感じです。

キャプTつくろうキャンペーン

Adobe Capture


キャンペーン期間中(終ったけど)にこのアプリを使ってベクター画像にした写真を投稿するだけです。僕はTシャツにする気まんまんだったので、空を全部飛ばして輪郭だけ残る感じにしました。見る人が見たら、「ああ、鳥羽駅」ってなるやつです。

これが世界に一つだけの「鳥羽駅」Tシャツ

非売品です

ええ、どこにも売っていませんよ。鳥羽駅…と言われれば「ああ…(?)鳥羽駅(?)だね(?)」なんて成るに違いない!これが世界に一つだけの鳥羽駅Tシャツだ!売ってないぞ!売らないぞ!あげないぞ!

どうしても鳥羽市を…

ぶっちゃけ、鳥羽市は住んでいる人が見ても文句が出ちゃう観光地です。「もっとこうしたらいいのにな」とか思うんですけど、お金とかそういう関係でやれないんでしょうね…。観光地としての鳥羽市、もうちょっと出て欲しい!もうちょっと有名になれ!伊勢志摩サミットに何とかして食い込もう!

あれ?こんな話しでしたっけ?



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事