iPhone 6 Plusのドックが欲しかったのでトランプで自作した

ページ

 

iPhone 6 Plusのドックが欲しかったのでトランプで自作した

2015年11月6日金曜日
iphone 6 plusのドック

iPhoneのドックを考えていて、優先順位的には低いため、いつの間にか放置され、いざ欲しい時にはそれに出資する資金がないとかそういう時があります。

「なら作ってしまえ」とiPhnoe 6 Plus用のドックを自作しました。

ただ、モテる材料がなかったので、とりあえずいっぱい溜まっているトランプを使って自作してみることにしました。というか、出来ました。

トランプで作ったiPhone 6 Plus用のドックです。

iPhone 6 Plus用のドック

ドックってこういうやつ


「ドックってなんぞや?」という人のために類似製品をドン! こんなかんじでiPhoneを立て掛けつつ、充電が出来ちゃう奴。スタンドと充電の両方が出来るという奴です。

これ、値段的にもそんなに高くないのですが、「買う???」と思っちゃう奴です。

お金出してまでいる?っていう。いやほしいんですけど、非常に迷いどころ。

だから作ってしまえ

トランプ

作っちゃえと言うことで、言えに多量にあるトランプを使うことに。材質は「紙」なのでハサミとかで適当に加工。重ねてボンドで接着させ〜〜を繰り返し、トランプのブロックを作成。

すたんど

当初、スタンドにしようと思ったのですが、ドックでも良いやということで、充電ケーブルが入る溝を作成してはめ込む。上記写真のようにしっかりとiPhoneが立ちます。

しっかりと充電も出来ちゃっているのでドックとして完成。



完成ってことにしといて!

構想時間は一晩です。

その後、とあるAmazon製品を見つけて心を魅かれています。もうこういうのでいいやってね。

ってか、3Dプリンターとかの方が早いんだろうなー。

ちなみにGUMIさんが「捨てろ」と無慈悲なことを言われたら、すぐにすてます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事