写真をiPhoneでやりたいのでolloclipの4in1レンズとケースセットを考えた

ページ

 

写真をiPhoneでやりたいのでolloclipの4in1レンズとケースセットを考えた

2015年11月11日水曜日
olloclip 4 in 1

iPhoneで写真をちゃんとやりたいなということで、僕が尊敬する写真家さんが使っていた「olloclip」を考えてみました。

olloclipはKickstarterでやっていた企画で、iPhoneをはじめ、スマートフォンのレンズを作っているところです。今回手に入れてたのはiPhone 6 Plusで使えるolloclipレンズとolloclip専用のケースです。

写真とかでolloclipのレンズセットをご紹介します。

olloclipレンズ 4in1


こちらが今回ご紹介するolloclipのレンズセットです。4in1とは、4つのレンズがこのolloclipにはいっているということです。

「魚眼」・「ワイド」・「10倍マクロ」・「15倍マクロ」と4つのレンズが入っている。色々と興味があるところなので、このレンズはうれしいかぎりです。

日本で販売しているとなると、Apple Store、AmazonQlixなのですが、olloclipの国内正式代理店のQlixが売り切れだったため、Amazonにしました。他にも米Amazonも考えましたが、日本のサイトで売っているならココで良いかということでコレにしたわけです。

まあ、送料考えてAmazonで購入したほうが良いっすね。

お値段見てもらうとわかる通り、「そういう」レンズです。

写真で見るolloclip

箱

レンズとセット

レンズとセット

とりあえず、本体の箱をご紹介。レンズとケースがセットになっている。レンズを入れるキャップ的な物が3つと、iPhone 6 ,iPhone 6 Plusで付け替えるためのアジャスターのようなものがはいっています。

ただ、このolloclip専用のケースをつけると、それらの物は不用になるようです。

あと、olloclipのストラップもついていました。とりあえずこれを使おうかなと。

olloclipを装着してみる

olloclipのレンズ

olloclipのレンズはこのようになっています。全面と背面にレンズが有り、それらを外すと10倍マクロ、15倍マクロに切り替えられるようです。

これは、iPhoneを差し込む形で装着するタイプのレンズで、ケースを装着している人はまず利用不可能です。なのでolloclipを利用する時は、ケースを外してか専用ケースを取り付けてでしか利用できません。

それらも事前調査でわかっていたので(数ヶ月調べまくった)、olloclipのケースセットを切望したわけです。

あと、貼ってあったガラスレンズを破壊しました。

olloclipのケース

ケースはサイドと背面をしっかりと守ってくれる物で、サイド部分は画面より前面に出てきているので下に向けても大丈夫です。

背面の様子

背面はolloclipの差し込み口に切り抜かれています。事前調査で、これらの構造を独自に自作されている人もいらっしゃいましたが、「その作業=美なのか?」という考えより拒否しました。

背面

そしてolloclipを取り付けてみました。うーん良い感じ!

前面も行ける

実はolloclipといえば、フロントカメラにも対応しているというところです。フロントカメラ用のレンズと言うわけではないのですが、自撮りとかいいなと。ぜったいいな。

良く表現している動画

Introducing the olloclip 4-in-1 for iPhone 6/6 Plus

olloclipのYouTubeが公開している商品紹介動画です。まさにこんな感じで色々なことが出来ちゃうということです。とる物の幅が格段に増える(物理的にも)のでこれは、やっぱいいなと。

撮影した写真について

olloclipの撮影は、実はちまちまと行っています。それよりも、olloclipで撮影された写真がInstagramなどで公開されているのでそちらを見てはどうだろうか?

もちろん、僕のInstagramを見てもらってもありますよ。

@olloclipjapan[Instagram]
@kiss_a_ten[Instagram]


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事