Spigenのスタイルリングを2週間使ってみて「ええ奴やん」って思った

ページ

 

Spigenのスタイルリングを2週間使ってみて「ええ奴やん」って思った

2015年11月27日金曜日
Spigen スタイルリング

落下防止用のリングとして某リングを考えていたのですが、とあるタイミングでSpigen(シュピゲン)の「スタイルリング」という類似製品を手に入れました。

Spigenといえば、スマホケースやフィルムで名前が段々と広まっている会社で、スタイルリングは某リングより若干安い製品です。落下防止リングは初めてでしたが、Spigenのスタイルリングは当たり製品だなと思います。

Spigenのスタイルリング


どういった物かというと、スマートフォン背面に折り畳める輪っかを取り付ける製品です。ここに指を通せばスマートフォンの不意な落下から守ってくれるという製品。僕の持っているiPhone 6 Plusのケースに取り付けることも出来たのでよかったです。基本的にツルツルなら取り付けれるのでしょう。

スタイルリングはこんな製品

箱はこんな感じ

スタイルリングの箱はこんな感じ。リングが倒れることや360度回転することについて描かれています。
必要最低限

必要最低限

入っている物は「スタイルリング」本体と、車載用引っかけと説明書です。この車載用引っかけは家の中で使うことにしました。

取り付けはこんな感じ

なんだか自分の指を使いそうな位置に着けることにしました。そしてなおかつ中心が良かったので、なるべくちゅしんを選んで装着してみました。

スタイルリングのココが良かった

端まで持っていける

落下防止用リングの導入を考えていたのが、iPhone 6 Plusのような大きな画面だと片手でなかなか操作がしづらくなるということ。普段両手でiPhone 6 Plusを操作していたのですが、スタイルリングを付けてみたら、いくつかの作業を片手こなすことが出来ました。コレは素晴らしい。

写真を撮る時便利

そししてリングがあるおかげで写真を撮影する時に若干安定するようになりました。今までは無理な持ち方でぷるぷる震えながらの撮影でしたが、リングに指を当てておくだけで写真撮影時のぷるぷるが改善され…つまり「写真が撮りやすく」なりました。

ここらへんはかなり(´∀`)bグッ

これはマジで良いよ。撮ってみればわかる。

立て掛けられる

動画を見る時に便利

やっぱり立て掛けられるのが良いですね。背面に装着されたリングを写真のような形にすると、スマートフォンスタンドに早変わりします。立て掛けるようにスタイルリングは平らな部分が用意されています。

YouTubeとかハングアウトとかFacetimeとかするときに、この立て掛けがかなり便利な役割をしてくれるのです。メッチャうれしいぞコレは!

壁に貼れる

立て掛けられる

これ、Spigenの中の人は気付いているのかな?車載用のやつって、様は斜めなところなら良いんだよね?

僕は机の上に自分を見る用の鏡が置いてあって、そこの車載用の車に引っかける奴をありつけています。卓上鏡なら最初からあるしジャマじゃないしそのまま充電できるから善い!

これなら「平らな壁用」の引っかける奴があっても良いのになーとは思った。あったらいいね!作ったら下さい!Spigenさん!

つまり良い製品だった


ざっくばらんに端的に的確に言うなればSpigenのスタイルリングは、「とってもよい製品」だったのです。これはいいね。プレゼントしたい。いろんな人にプレゼントしたい。ってかプレゼントした。いくつかプレゼントした。だって良い製品なんだもん。

Spigenのスタイルリングは良いよ!ステマとかじゃないくて、良いからいってんだよ。

ちなみに…

鏡は元々「後ろにあるテレビ」を見るように設置していたのですが、「顔がゴリラだね」といわれたので、ゴリラ顔にならないようにするために、ふとした瞬間のゴリラ顔を修正するために、置いてある鏡です。決してナルシストとかそういうアレじゃないウホ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事