2015年、最後までiPhoneに残ったカメラ&写真関連アプリをご紹介

ページ

 

2015年、最後までiPhoneに残ったカメラ&写真関連アプリをご紹介

2015年12月30日水曜日
iPhone オススメ写真アプリ

さまざまなカメラアプリや写真編集アプリを試してきた結果、ボクが2015年によく使ったカメラアプリをまとめたいと思います。

カメラアプリといえばProCameraをはじめ、いくつものアプリを試してきた結果を。写真編集アプリは、Snapseedからくら替えしたEnlightなどの写真編集アプリを@kissaten選別でご紹介したいと思います。

ちなみに去年はこんなヤツも書いています。
僕が画像編集に使っているiOSアプリ5つを紹介[関連]

2015年よく使った写真&カメラアプリ

ProCamera


ボクが個人的にテスターをさせていただいているカメラアプリ「ProCamera」。フォーカス、露出のロックはもちろん、HDRや暗闇での撮影、QRコードカメラなどが一緒くたになっているカメラアプリ。TIFF形式での保存やアプリ内に有る高機能な画像編集機能などオールインワンな感じのカメラアプリです。

手ブレ防止、セルフタイマー、ホワイトバランス調整、ヒストグラム、さまざまな種類のグリッド、傾斜系…とたくさん機能がありすぎて書ききれません。

ProCameraでよく使う機能といえば、やはりHDRの機能。アプリ内課金なのですがその価値は十分にあります。AppleWatchにも対応しているらしいけど、AppleWatchもってないので試せません。

ProCameraを非常によく使いのでiPhoneのドックはもちろん、通知バーにも即起動できるように設置してあります。

BlackCam


「モノクロ撮りたいな」って急に思ったときにさくっと撮影出来るモノクロカメラ。ライブビュー撮影をしながらモノクロフィルターを選択して写真を撮るタイプです。グリッドなどの補助は有りませんが「ッパ」っと「ッサク」っと撮影できる点を評価してあげています。

フィルターを選ぶだけでモノクロの雰囲気がばりばり変わるのがオススメ。

Enlight


「これぞ最強の写真編集アプリ」と言わせていただきたい。写真編集の「調整」と「鮮明化」で写真の雰囲気を自由自在に変更可能。また、「合成」の部分にも特化しているようでせう。個人的には「写真編集」として利用していて「画像編集」の部分はあまり使っていません。それでも強力な写真編集機能があるので重宝しています。

Enlight iPhone App Review

Snapseed


Enlightが出てきてしまい、すっかりとその陰に隠れてしまったSnapseedそれでもSnapseedの特徴である「部分調整」がかなり協力。それ以外はEnlightがカバーできてしまうのですが、なによりSnapseedは無料だということがかなりすごい。Enlightほどの強力な写真編集をしない人で、ちょっと写真編集をしてみたい人はぜひこのアプリを入れてみよう。

PSExpress


知る人ぞしる写真編集アプリ。Adobeから出ている写真編集アプリは多々有りますが、この「Adobe Photoshop Express」はほかのアプリとちょっと違います。基本無料なのですがアプリ内課金(もしくはサインイン)があります。その中の一つのノイズ除去できる機能がとっても強力。

ぶっちゃけEnlightで色々出来ちゃうのですが、そのノイズ低減機能を使いたいがために残してあります。

Lightroom


コレが無料でいいの?と思わせてくれるアプリ。PC版のLightroom同様にざまざまな写真プリセットで写真の雰囲気をがらりと変えてくれます。PC版のLightroomになれひたしんでいるので、実はコレもEnlight同様に使わせていただいています。

あとはPC版の自作プリセットをこちらに映せたら最高だろうなー。Adobeよ、ちょっとは考えよ。

VSCO


こちらも長らく利用させていただいている写真フィルターアプリ。アプリ内課金でフィルターを買うタイプのものですが、無料のフィルターでも十分に写真の雰囲気を変えてくれます。またVSCOのSNSにも素晴らしい写真ばかりが上がるので是非ともアカウントを作ってみましょう。

ぼくのVSCOはココです
kissaten | VSCO Grid[関連]

RNI Films


PhotoshopやLightromのプリセットで同じみRNIによる公式アプリ。フィルムエミュレーターといったところです。写真に対してフィルムで撮影したようにフィルターを当ててくれるものです。アプリ内課金で手にはいるフィルムにすべてつぎ込みました。

BLACK


先ほどの「BlackCam」どうようにモノクロに特化したカメラアプリです。このアプリはモノクロフィルムジェネレーターでして、「トーンカーブ」を扱えるのを特徴としています。それだけのために入れているアプリ。ただ、その雰囲気は無類です。

EyeEm


VSCO同様に専用SNSのある写真フィルターアプリ。よくいわれるのが「正方形じゃないInstagram」といったところです。写真SNSで成功を収めているInstagramですが、唯一の欠点は「正方形」オンリーだったところ。最近になって長方形も使えるようになりましたが、それにも制限が有るという…。

そういったところから出たい人。そんな人のための写真SNSです。世界中のすごい写真を一気に見れるのでInstagramよりももっと人気が出ていいのになとか思っているアプリ&サービスです。

BigLens


ハイパーボケるあぷり。写真をぼかしたい人が使うヤツ。めっちゃたまにだけど使う。そして使い始めるとはまる。それの繰り返し。

TiltShift


どちらも同じアプリTiltshiftGeneratorです。トイカメラ風の写真を撮影&編集で作ることが出来るアプリ。「1」と「2」の違いはぶっちゃけ感じられません。

補助アプリ

正方形さま


正方形の写真系SNS、Instagramに投稿するときに無くては鳴らないアプリ「正方形さま」。長方形に良い感じの写真でもInstagramに投稿するとかってにトリミングされちゃう。このアプリはそれを事前に考え、「正方形になるように枠をつける」ことでInstagramにも良い感じの写真を投稿するためのアプリです。めっちゃつかう。

Launch Center Pro


という感じで今まであげてきたアプリを「Launch Center Pro」に登録しちゃっています。アプリとしてホーム画面にフォルダを作ってーってのもいいのですが、写真用の階層フォルダをつくってあげてそこに写真アプリを登録しちゃったほうがボクは使いやすいです。また、通知センターとかにも入れておけるのが良いね!

写真例もぜひ見て欲しい

というかんじでボクはこれらのアプリを使いこなし、InstagramやVSCO、EyEmといったSNSに投稿しています。また写真礼を欠きリンクでご参照して欲しいです。

さらには、iPhone用カメラレンズとしてolloclipも導入しているのでそれらもご紹介しておきます。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事