MacBook ProにMicro Solutionのキーボードカバーを取り付けた

ページ

 

MacBook ProにMicro Solutionのキーボードカバーを取り付けた

2015年12月5日土曜日
 Micro Solution

MacBookのキーボードカバーをお探しの方へ。僕はMacBookを使い始めてすぐに今回紹介するキーボードカバーを導入しました。キーボードカバーについてMacBookを手に入れる前からずーっと調べてきていて、Micro Solution(マイクロソリューション)さんのキーボードカバーを選択しています。

Micro Solutionのキーボードカバーは、MacBookに貼り付けるタイプのキーボードカバーで、なかなか考えられている製品です。

Micro Solutionのキーボードカバー


こちらが今回紹介するMicro Solutionさんのキーボードカバーです。MacBookの13インチ15インチに対応したキーボードカバー。半透明状のフィルムをキーボード枠に「貼り付け」て取り付けます。よくあるカバーをかぶせるだけのタイプとは違い、なかなか外れないのが特徴です。



別サイトでもご紹介した通り、僕は「体毛」が結構あります。ペットなどを飼っている人はその「毛」だとおもってください。キーボードの中に入って欲しいですか?たいていの人は「キーボードに毛が入って欲しくない」と考えると思います。そしてキーボードカバーはそれから守る役目があります。

Micro Solutionさんのキーボードカバーは、キーボード枠に貼り付けるため、四隅を除いて毛の入り込む隙間を無くしてくれるキーボードカバーなのです。

だから選んでいます。耐久性とかもありますしね。

キーボードカバーを貼っちゃう

キーボード

2014年に導入したキーボードカバー。1年ぐらいちゃんと持ってくれました。ただ、見た目がちょっと変わっちゃったので新たに導入です。そもそも、最初の年は貼り方をちょっとだけミスりました。

貼る前に四隅を綺麗に

Micro Solutionさんのキーボードカバーは、四隅にシールで貼り付けちゃうタイプの奴です。なので、キー自体には干渉せず、四隅の枠を善い感じに使ったキーボードカバーです。

四隅にはゴミとか着いていると吸着に支障が出ちゃうので、丁寧にごみ取りをしてあげます。

サイズは一緒

そしてキーボード枠のサイズと全く一緒の製品を置いてみて貼る順番を決めます。僕は左端の上から貼るようにしています。そうすれば、綺麗に晴れますのでご参考に!

貼り付け

そして見事に貼り付けることが出来ました。これでホコリや体毛からまもってくれます。

パッケージでかすぎ

パッケージでかすぎ

前回も思ったのですが、このキーボードカバーのパッケージがでかすぎます。製品本体の約1.5倍ほどあるのではないだろうか?とにかくデカイ。

これによってどうなるか?そう、Amazonさんの過剰包装に磨きがかかります。とにかくデカイ箱で届いちゃうので、出来ればもう少し小さいパッケージで出して欲しいです。

それ以外は大満足、2年目も利用させて頂きますよ!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事