大黒食品の5袋入りな袋麺を食べた。モチモチ味噌ラーメンが手軽に作れる

ページ

 

大黒食品の5袋入りな袋麺を食べた。モチモチ味噌ラーメンが手軽に作れる

2016年1月9日土曜日
モニター

久しぶりにモニターでもやってみようと思って登録したら、モニター商品が届きました。こちらは、大黒食品の「大黒軒 味噌ラーメン」です。袋麺は色々食べてきたのでちゃんとレビューかけると思いますので書いてみます。

袋麺といえば、手軽に調理できる製品として重宝するものです。一人暮らしではないですが、たまたま一人のお昼ご飯だったので、頂いたモニター製品を使ってサクッと味噌ラーメンを作ってみました。所要時間は5分もかからない手軽さなのです。

大黒軒 味噌ラーメン


こちらが今回頂いた大黒食品「大黒軒 味噌ラーメン」です。味を見てから値段を調べてみたのですが、これなら買っても良いかなという値段設定です。こういう「安い」感じの袋麺って非常用において有ると良いですね。調理時間も短いですし、手間がかからないのが良い。

大黒軒 味噌ラーメン

1セットで5袋入りの袋麺。一食分を撮りあえず作ってみることにしました。今回は、袋に有るようなゆで卵やコーンやネギ等はいっさいなく、製品の味を撮りあえず見ていこうと思います。
中身はこんな感じ

大黒軒 味噌ラーメンの中身はこんな感じ。麺と特製スープのみ。これ以上でもこれ以下でもない。ってかコレがすべてです。

調理時間は本当に短い

フライパンで作る

約450ccの水を沸騰させ、その中に麺を入れて、約3分ぐらい煮詰める…というすごいアバウトな作り方で出来ちゃいます。「お好みで」なんて書かれているぐらいなので、固めとか柔らかめとか自分好みでどうぞって感じでした。

450cc程度だったのでティファールのフライパンに入れてそのまま作成。こういうときに、ちょい深めのフライパンはイイなと関心。

粉を入れる

麺がゆだってほぐれてきたら、スープの素の粉を入れて終わる。とっても簡単調理。所要時間は5分もかからないでしょう。仮にその他の具材をやるとしても、この煮詰めている間にいくつでも作れちゃう。しかも粉を入れたら終わりという。

感想やその他アレンジ案

大黒軒 味噌ラーメンは、シンプルに簡単に作れるのが言い。麺はモチモチでつるつると口の中に入っていく。縮れているのでスープも一気にくれる感じです。ただ、「味噌ラーメン」と表記してありますが、思ったほど「味噌感」は感じられませんでした。

決して、おいしくないわけではなく、味噌のあの香りはあまり期待できません。味噌ラーメンじゃなくて「ラーメン」として出されれば問題ないでしょう。

今回は、いっさい具材を入れずに作りましたが、コーンとかバターとか有ったら個人的にはうれしいラーメンのセットになります。


アレンジ案を考えてみました。まず、第一に「すり下ろしたショウガ」を入れてみるとよいと思います。するのがめんどうなのでチューブのショウガでも入れてしまえばよいです。また、粉を一気に使わず、少量残しておきます。そしてラーメンを器に映した後に、残った粉とスープを使ってちょっとした「焦がし」をフライパンでやってみるとよいかなと。

うーん、アイディアいっぱいできそうです。大黒食品の袋麺にちょっと興味が出てきました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事