顔を傾けるとシャッターが切られるカメラアプリSelfie Stick

ページ

 

顔を傾けるとシャッターが切られるカメラアプリSelfie Stick

2016年1月7日木曜日
Selfie Stick

自撮りアプリをご紹介。このアプリは、「顔を傾ける」とシャッターが切られるというものです。声を出したり笑顔になればシャッターを切られるものが有ったのですが、これは顔を作らずにでもシャッターが切れるのが良い。

このアプリの良い点と悪い点をざっくりと説明。

顔傾けると写真が撮れるよ

顔を傾けるとシャッターが切れる。ただそれだけ。

良い点は、顔を傾けるだけでシャッターが切れるとうこところ。うん。それがメリットで、それだけがメリットです。

さて、デメリットをご紹介しましょう。

めっちゃうるさい

顔を傾けるとセンサー的なものが反応してシャッターを切るまでの時間をカウントするのですが、それがめっちゃうるさい。音量をオフかミュートにしたらそれがなくなるのですが、デフォルトであの音はマジでうるさい。ガンジーでも切れるレベル。

UIがクソ

ユーザーインターフェースがくそ過ぎる。アイコンのボタンがいくつか有るのですが、その意味がわからない。しかも音量ボタンが押せない。おそらくですが、これは日本のiPhoneだから出来ないことなのでしょうけど…それでもクソイ。

ありっちゃあり

メリットデメリットを考えるとデメリットがかなりウザイですが、ボタンを押さずに顔も作らずにシャッターが切れるのはちょっといいなとおもった。あとはアのうるさい音とかUIをなんとかすれば「お勧めな自撮りアプリ」として紹介できるかもしれない。

今回は「顔を傾けるとシャッターが切れる」のを評価してご紹介しました。いや、嘘ついた。無料じゃなかったらこのアプリはお勧めできないわ。セール中だったからってだけ。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事