正月なので親戚の家を経由してすき焼きを二日連続達成した

ページ

 

正月なので親戚の家を経由してすき焼きを二日連続達成した

2016年1月1日金曜日
すき焼き 写真

すき焼きを焼くときには、醤油、酒、砂糖、時たまみりんを調合して良い感じの焼き加減で作っています。かき混ぜた卵に少し絡めることを想定して味を決定する。

ボクはすき焼きが好きです。すき焼きが好きで、自分の焼き加減を自分で決めるのを心得ています。鍋番長はボク。すき焼きの時はゆずらない。すき「煮」じゃなくて、すき「焼き」を目指して調理する。

年末年始、実家や親戚宅で行われる「すき焼き」を目当てに家を移動して、見事、二日連続すき焼きにありつけた。

すき焼きが好きです。

なんのことはありません。年末年始には親戚が集まるタイミングがあり、そういうときは何かご馳走を…そう、「すき焼き」なんかを食べるのです。今回、実家と嫁氏(GUMIさん)宅ですき焼きが行われる情報を仕入れた僕は、なんとかして連日すき焼きにありつこうと、すき焼きの日を調整しました。

まずは、嫁氏宅ですき焼き。今回は三重県鳥羽市に有るお肉屋さん「豚捨」にて松阪牛のA5のお肉を手に入れた。グラム1000円以上のすき焼きの肉。しっかりがっつり堪能するために、そしてみんなに行き渡るように数万円分用意しました。焼き番長をやらさせていただいて、いくつかの肉は人数の関係で「すき煮」に変わってしまったが、大半の肉は「焼き」で食べさせていただけるようになった。

本当は「すき焼き」へと昇格したお肉さんを撮影しようと思ったのですが、汗をかくほどとってもすき焼きをタップリと焼かせていただいた。なので写真は撮ってない。かわりといっては何ですが、好きや気前のお肉さんをご紹介したいと思います。

すき焼きになるまえの肉の写真

すき焼きになるまえの肉の写真

すき焼きになるまえの肉の写真

すき焼きになるまえの肉の写真

すき焼きになるまえの肉の写真

すき焼きになるまえの肉の写真

すき焼きになるまえの肉の写真

すき焼きになるまえの肉の写真

すき焼きになるまえの肉の写真

今回食べさせていただいた、三重県鳥羽市にあるお肉屋さん「豚捨」で手に入れた松阪牛さんです。パソコンの壁紙にでもしてあげてください。

今回この肉を食べさせていただいて、もちろんうまくて、それはもう「ぜひ食べて欲しい」ということを伝えさせていただきます。とにかくうまい。ぜひ食べて欲しい。出来れば作らせて欲しい。

そして、二日目のすき焼き。なんと、うれしすぎて肉の写真んすら撮影していなかった。それでも「豚捨」の肉を堪能できたのが本当にうれしい。すき焼き好きです。

写真を撮りわすれるぐらい好きなすき焼きを食べれてシアワセです。

豚捨(ぶたすて)さんはココ!

店名:豚捨(ぶたすて)
住所: 三重県鳥羽市鳥羽3丁目25−5
TEL:0599-26-4529

駐車場はないですが、お客さんは見なさん路肩駐車しています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事