第56回iMug-伊勢志摩UserGroup- 定例会に参加。例のワイヤレスイヤホンEarinを視聴

ページ

 

第56回iMug-伊勢志摩UserGroup- 定例会に参加。例のワイヤレスイヤホンEarinを視聴

2016年3月29日火曜日
iMug-伊勢志摩UserGroup- 定例会

毎月行われるiMug-伊勢志摩UserGroup- 定例会の第56回目に参加してきました。このイベントは、Mac iPhone iPadなど、Apple好きがお茶を飲みながら雑談する定例会です。今回は、あの本当の意味で「ワイヤレスイヤホン」の「EARIN」を視聴させていただきました。

超絶気になっていたガジェットを触れるのは本当にうれしいものです。

iMug-伊勢志摩UserGroup- 定例会



今回のiMugも伊勢市で開催されました。毎回イベント場所が異なるのですが、伊勢市での開催がコレから多くなりそうです。イベントは、こくちーずやFacebookでイベントの告知をしています。

実は前日は朝5時まで起きていて、イベントの時には脳みそがすでにおかしくなっちゃった感じでした。なのでぶっちゃけいくつかの内容を覚えてなかったのですが、刺激的な内容は覚えてました。

その中の一つに「EARIN」の視聴体験が有りました。

真のワイヤレスイヤホンEARIN

EARIN

ということで、EARINの紹介。こやつはKickstarterで出資を募っていたガジェットで、結果的に5倍以上の額をゲットしたプロジェクトです。どういったものかというと、ケーブルがいっさいないワイヤレスイヤホンです。通常のワイヤレスイヤホンといえば、左右のイヤホンがケーブルでつながれており、音源である端末がワイヤレスというものです。

ところがEARINが左右のイヤホンも優先ではないので、完全なワイヤレスイヤホンということなのです。

そして、ケースの中に入れて充電するというなんかすんげースタイリッシュな感じのワイヤレスイヤホンだ。

Kickstareterでは「Earin - The Worlds Smallest Wireless Earbuds」と表記されていましたが、どうやら「Worlds Smallest」は表記としてなくなったようです。

箱、かっこいい

こちらがEARINのケース。紙を重ねた感じの分厚い板。磁石でくっつくからなんか面白い。

中身はこんな感じ

EARINの充電用ケース。この中にイヤホンをいれて、フタを閉めると充電される。無接点充電てきなかんじなのだろうか?不思議だ。ケースに入れると「カシュッ」って感じの音が出る。このケースで充電するってのもワイヤレスだな。ケース自体には充電ケーブルを刺さないといけない。それ以外はマジでワイヤレスだ。

ということで視聴させてもらった

ということで、EARINを視聴させていただいた。ここで正直に言う。ボクはいろんなイヤホンを視聴させてもらった。もちろん、ワイヤレスイヤホンもね。EARINはというと、正直「良い音」とは言えない。いわゆる「聞ければいいや」の音だ。ワイヤレスイヤホンなので仕方ないちゃーしかたない。もちろん、ちゃんと聞ける。「高音質」的なものは求められないなとは思った。

イヤーピースはShureのようなメチャクチャ柔らかい例のアレのようで、ぎゅっと潰して耳の奥にいれる。まるで耳栓を入れるかのように入るわけだ。つまり、遮音性はある。

あとの記憶があんまりない

今回は日曜日にイベントが行われた。前日の土曜日の深夜からMGOをやっており、その後のやり取りでいつの間にか5時までゲームをしてしまった。すっげー眠い状態でイベント参加。その結果、覚えていたのがあんまり無い。いや、覚えているんだけど、思い出せない、おぼろげな状態。EARINは非常に良い体験させてもらった。

ガジェット大好きだ。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事