熱い内面に魅かれる、高木 ユーナの漫画『ドルメンX』に惚れる

ページ

 

熱い内面に魅かれる、高木 ユーナの漫画『ドルメンX』に惚れる

2016年3月21日月曜日

地球侵略物…と説明するのはなかなか難しい漫画『ドルメンX』。とある宇宙人達が「豊かな富を持つ地球を汚すことなく戦争はしないで地球人に気付かれないように侵略」というかなり無理難題を命じられたお話。

地球侵略するには何したら良い?甲子園?選挙?どうしたらいいんだ?

そんなときに「地球でトップアイドルになったら地球侵略できんじゃね?」というかなり安直な考えから始まった活動。ところが、「アイドル」になることは決して生易しいものじゃなかった。

地球侵略をたくらむ(?)宇宙人たちが、トップアイドルを目指すスポ根ギャグ…といったところ。小学館「ヒバナ」連載の高木ユーナ先生の漫画。オススメだから紹介する。

高木ユーナ ドルメンX


小学館「ヒバナ」連載の高木ユーナ先生の漫画「ドルメンX」は3月11日に2巻同時発売した。「単行本まだなのか?」と思っていたところに同時に二冊。ありがたい。だがなんだこの表紙は。「アイドルを目指している」から『めっちゃアイドルっぽい』表紙かと思ったら、かなり、とうか、正直「ださい」と感じた。ただ、この漫画のキャラクターたちが、がむしゃらに「失敗しつつも成長していく」その姿を表紙で現しているのかも知れない。ただ、漫画を読んだことない人にとっては、この表紙は手に取りづらいだろうなという印象も有る。

常にクールで天然で突っ込みどころ満載の隊長が表紙の青色の1巻。顔がアレだ。おもしろい。でも隊長はこれだ。コレなのだ。そして、「アイドルなめんなよ」と言わんばかりのアイドルに対しての思いタップリ、ドルヲタ女子・ヨイが漫画表紙2巻を飾っている。

漫画には、隊長(クール系?リーダー)・イチイ(熱血系ムードメーカー)・ニイ(フェロモン系人気No.1)・サイ(インテリ系頭脳班)の顔だけはいい4人がでていて、そこにドルヲタ女子・ヨイが5人の地球侵略をたくらむ(?)宇宙人として描かれている。

隊長が1巻表紙を飾るのはワカルが、なぜにドルヲタ女子・ヨイが2巻?もしかして、今後重要キャラクターとして描かれるのかな?

ヨイの刺さる言葉


本気

ということで、ヨイのセリフをピックアップすることにした。地球侵略のために甲子園や選挙(多分政治的な)をなんとなーくやっていたメンズたち。そこへ、ドルヲタ女子・ヨイがアイドルへの心酔っぷりを見たサイ(インテリ系頭脳班)が地球でトップアイドルになったら地球侵略できんじゃね?」という考えをなんとなくはきだす。ソレにより、4人のメンズが「アイドルやるかー」的な、ほんと「なんとなく」なはつげん。

ソレに対してヨイが、『本気じゃないあんたの言葉は刺さらない。』という。

本気じゃないんだ。本気じゃなかったんだ。これから4人のメンズ、そしてヨイは「本気で目指す」をどんなものか1巻2巻で味わうことになる。

ヨイは4人のメンズにはっぱをかける役目をしている。「顔だけはいい4人」だが、心が決まってない。この漫画はその「心」の成長を見せてくれる漫画です。ちなみに、このヨイの言葉はボクにも刺さった。

イケメンってなんや?


ヨイ

ヨイのセリフ。『イケメンって物理じゃなくて概念だから。』というもの。顔が美形ではなくてもなぜか魅かれる。それがイケメンなのかなと個人的に思った。

TVを見ていても「あれ?何でこの人アイドルやれるんだろう?」という外見の人を見たことはないだろうか?顔じゃないのだ。なんか、あれだ、うちから出てくるあれだ。うん。説明できない。「顔はアレでもカッケー」って思うとき有るっしょ?あれだわ。

もうね「イケメンってなんだ…」とすっげー疑問に思った。このヨイの発言から、パラダイムシフトしたことに間違いない。

ドルメンX1,2巻

ストーリー的に、ドルメンX1,2巻では、アイドルを目指すことを決める。アイドルはそんなに簡単になれない。とりあえずオーディション出ろ。事務所に何とか入れる。路上パフォーマンスをやる。

みたいな、アイドルになる段階をだんだんと踏んでいく感じ。

漫画的には、ぶっとばしたギャグがたまにあったり、キャラクター達の内面を非常にグロくてドロドロとした物」で見ることが出来る。個人的にこれによって心引かれてしまった作品なのですが、ソレを紹介しちゃうと「グロ漫画?」と勘違いされちゃいそうなので置いておきます。

だれだって気持ちの闇や黒い部分はあります。その「闇」や「葛藤」を変わった手法で表現してくれた。それがドルメンXだ。そしてアイドルを目指すのだ。ってか、アイドルってこういう段階踏んでるかな?と勉強になる。たまに実際の人物とか出てくる漫画。そういうのもいいとおもうよ。

ぶつかりながら進んだらいいんやで。それがドルメンXやで。

ちなみに、ヒバナのHPで試し読みが出来るので是非読んで欲しい。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事