脱獄不要でiPhoneのアプリ表示アニメーションを無効化する方法をやってみて

ページ

 

脱獄不要でiPhoneのアプリ表示アニメーションを無効化する方法をやってみて

2016年3月11日金曜日
iPhone アニメーションを無効か

なんかiPhoneのアプリを開くアニメーションを無効化する方法がネットに上がっていた。上記写真はキセノンテンターで僕が書いた記事です。内容は、脱獄なしでiPhoneのアプリを開くアニメーションを無効化する方法が載せられています。

こういうのって、一般的にiOSを脱獄させてあげると出来ちゃうことなんですけど、それをAssistive Touchのグリッチを利用して出来ちゃうというもの。まあ、ソフトウェア的なバグを付いた感じです。

んで、アニメーション無効化してどうなるの?って話ですね。

アプリ表示アニメーションを無効化


とりあえず、こちらの記事でアプリを開くアニメーションを無効化する方法を書きました。抜粋するとこんな感じ。

  1. 設定>一般>アクセシビリティ>Assistive TouchにあるAssistive Touchをオンにする
  2. Assistive Touchを下にやる
  3. ホーム画面から下にスワイプしてSpotlightをだす
  4. キーボードの上をタップして、ホーム画面に戻す
  5. 動作が早くなる

という感じで、何も難しくない。この動作により、確かに「アプリを開くアニメーション」は無効化される。

※詳しいやり方は記事を参照してくださいなー。

アニメーションは無効化される…が

たしかにアニメーションが無効化されることはわかりました。つまり、ノーモーションでアプリを開くことが出来ます。ただ、iOSのあのアニメーションって、実は「アプリを早く開いている風に見せるためのカモフラージュ」ですので、けっしてアプリがすぐに開くというわけではない。

一部のアプリは、確かに早く開くんですけど、もともと動作の遅いアプリはさらに「遅く開いている」ように感じます。

よって結論として、『いくつかののアプリはすぐに開く。ただ、遅いアプリがすぐに開くというわけではない。』です。アニメーションオフにしただけですからね。アにアニメーションの裏で開いていた分をそのまま表示されるだけですからね。

まあいくつかのアプリがすぐに開くのならもうけ物かなと。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事