MHzで『DEAD UNDEAD BODYBAG with Water Bottle』を手に入れた

ページ

 

MHzで『DEAD UNDEAD BODYBAG with Water Bottle』を手に入れた

2016年5月23日月曜日
dead undead bodybag

数年の歳月を経て、めっちゃ気になっていたDEAD UNDEAD BODYBAGというカバンを手に入れました。林田球先生の漫画『ドロヘドロ』に出てくるようなカバン。BODYBAGとは、「死体袋」という意味で、マフィアが殺した相手を入れておく袋のような形をしたカバンなのです。

もうね、買おう買おうと考えていて、やっとこさ手に入れたわけですよ。めっちゃうれしいわけですよ。MHzさんありがとうございます!

DEAD UNDEAD BODYBAG

死体袋みたい

これが「DEAD UNDEAD BODYBAG」。2014年モデルだ。初代のDEAD UNDEAD BODYBAGより少しだけモデルチェンジしたのかな?

なんて言うんでしょうかね。この独特なパターンの有る背面。これは伸縮する部分で、中に入れるものにより形が変わる。なんかいい。いいのだ。それにめっちゃ憧れたのだ。

そもそも日本で言うところの「BODYBAG」って、実はワンショルダーバッグとかそういうたぐいのものをなんかそう読んじゃってるんだよね。ボディーバッグときいて、肩掛カバンを想像しちゃったと思う。でも、英語圏だと、ふつうに遺体を入れる袋の事を言うのだ。それをかけちゃったのがこの「DEAD UNDEAD BODYBAG」ということになる。

シャレが聞いているね。

結構入るよ

DEAD UNDEAD BODYBAG with Water Bottle

んで、ボクがとっても心配に思ったのはその収容量。めっちゃカッコいい。でも、もし何も入らなかったらめっちゃ困るじゃないか。とういことでMHzさんに聞いてみました。



かなり丁寧にDEAD UNDEAD BODYBAG with Water Bottleに付いて教えていただきました。

ようは左右に1室ずつあり、中で上の層と下の層に重なるようになっている。そしてボトル用の袋が有るという事だ。


図で表現するとこんな感じ。中で入れる場所が重なっているのだ。この1室になが財布が2つはいる。つまり、結構広い。iPhone 6s Plusと折畳み財布を入れてもまだまだ入る。僕はコレにモバイルバッテリーやケーブルとかを放り込んでいる。それでもジャマじゃないのね。

中は赤いよ

中はこんな感じ

中はこんな感じ。このカラーは、血染めを連想させるブラッディレッドだそうだ。内蔵って感じ。赤いね!

身体に当たる部分はメッシュだよ!

ポリエステル製メッシュとのハイブリッド構造でモアレをかけたダークレッド

そして身体と密接する部分は、「ポリエステル製メッシュとのハイブリッド構造でモアレをかけたダークレッド」なんて言われている。これは傷つけたら穴が開きそう。でも、それはソレでカッコイイなと思う。

これはワンショルダーバッグとしてもいいし、肩に引っかけて持ってもいいし、ウエストポーチとして使っても良い。3wayなのだ。

ボトルについて

『DEAD UNDEAD BODYBAG with Water Bottle』

『DEAD UNDEAD BODYBAG with Water Bottle』って言うぐらいだからボトルもつく。このボトルは、林田球さんの全描き下ろしのデッド・アンデッドというやつ。二つもイラストが描かれている。

MHzの商品ページ(後記)では赤い液体が入ってたけど、ボクはオレンジとかを入れてみる。ザクロとか入れたらなかヤバい液体が入った入れ物に見えるだろうな。

ボトルも入るよ

ボトル

MHzさんのツイートでもあったように、ボトルの入る袋が有る。ボトルは500mlのペットボトルぐらいの大きさだから、そういうのを入れちゃっても良いかもね。個人的にこのボトルは傷つけたくないな。

大きさを見てみよう

結構大きいね

記載されている情報だと、ちょっと大きさが良くわからなかったからB2サイズのポスターと並べてみる事にしたよ。結構大きい事がわかる。そして伸ばすとやっぱり死体袋っぽいね!

購入はMHzショップで!

※2016/07/04現在売り切れ


という事で、『DEAD UNDEAD BODYBAG with Water Bottle』がほしいのなら是非とも上記MHzさんのサイトでゲットしてほしい。ボクは数年迷いに迷ってやっとてにいれた。そして手に入れた結果、やっぱり良いものだった。

林田球さんの作品が好きなら是非!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事