GL04Pで使っていたSIMをGL06Pで使えるようにSIMパンチでmicroSIMにしたぞ!

ページ

 

GL04Pで使っていたSIMをGL06Pで使えるようにSIMパンチでmicroSIMにしたぞ!

2016年6月29日水曜日
Simpumchig04p IMG 9798

SIMパンチを手に入れたのでGL04Pで刺さっていたUSIMをGP06Pで使えるmicroSIMに変換したぜ。変換ってか、SIMパンチで物理的に切り取るんだけどね。SIMの仕組みって、金属面とチップが無事だったら使えるんだなーって思いました。

ということで、GL04PのSIMを抜いたSIMパンチとかその後をご紹介!


USIMをパンチしてみた

とりあえず手に入れたSIMパンチをご紹介!SIMパンチ(SIMカッター)とSIM変換アダプター4点が一緒になったセットです。このSIMパンチはmicroとnanoの両方に対応したSIMカッター。とりあえず、一家に一台かな?と思ってコレにしました!

パンチは下に写真がありますが、SIM変換アダプターはなんかいっぱい付いてきました。コレで一セットそろえることが出来ます。

Simpumchig04p IMG 9800

パンチはこんなシンプルなタイプの奴。コレ系のパンチの基本は、「ちゅうちょしてやらない」です。ちゅうちょしてやると、100%失敗します。一気に行かないと100%失敗します。ちゅうちょせずにね!

Simpumchig04p IMG 9801

そしてなぜかタオルがついていた。ちょっとコレは意味わからなかった。なぜかタオルが同梱されていた。良くわからないけど、ありがたく頂くことにした。

パンチ…は置いておいて

Simpumchig04p IMG 9799

SIMパンチ部分はぶっちゃけ面白くないので、その後の話。

GL04Pの通常サイズSIMをパンチ後、GL06Pで使えたのか?という話。まぁ、使えますよね。プロファイルだけ合わせば使えるのだ。これでGL04Pはその他SIMを試すために使えそう。ゲタ(SIM変換アダプタ)をはかせて挿入すると、抜けなくなるとかの弊害もあるみたいだけど、それは何とかうまいことしたら良いさ。

そもそも今回の目的

そもそも今回はパンチすることが目的ではなく、SIMの変換アダプターとSIMパンチを入手することに目的があった。それはナゼかというと、「今後必ず格安SIMに出会う可能性がある」「その時、手持ちのSIMフリー端末と一所に使えなければならない」「そう考えるとSIMセットはあったほうがいい」という感じです。

そして、そのついでにGL04PのSIMをGl06Pで使ってみようという話だったのだ。



結果として使えた。やったぜ。



ちなみに、SIMの大きさをSIMカッターなどで使う話で、「金属のプレートは切っても良い」「金属の下の部分にある物は切っちゃダメ」ということだ。金属の接触部分は「接触」したらいいわけで、その下にある黒い物体(たぶんチップ)は切っちゃったら終わりということだ。そうじゃなかったら使える。


まぁ、気軽に「やってみ?」とは言えないけどね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事