EOS M用にCanon純正のリモートコントローラー RC-6を導入。これで手ブレを極力抑えて物撮りが出来るぜ!

ページ

 

EOS M用にCanon純正のリモートコントローラー RC-6を導入。これで手ブレを極力抑えて物撮りが出来るぜ!

2016年8月28日日曜日
Canonrc6 IMG 0835 2

ブログやってると「物撮り」って言う機会が増えてきちゃう。どういった作業かって言うと、三脚とか使って、商品の紹介とかするの。良い製品は、やっぱり良く紹介したいじゃん?そういう時に三脚に取り付けたカメラで撮影するんだけど、三脚だけでもシャッターボタンに触ると若干ぶれるんだよね。ちょい揺れちゃうの。でもそれはセルフタイマーとか使えば問題なく行ける。

けど、それって面倒くさくない?ということで、EOS M用のCanon純正のリモートスイッチRC-6を導入したのだ。買って良かったぜ!

Canon純正リモートスイッチRC-6

とりあえず商品はこちら。こんな小さいコントローラーで出来るのかよ?っていうぐらいファーストインプレッション。ちゃんとボタンを押したらシャッターが押されましたわ。 んで、これと比較していた製品があって、それがこれ。

こちらはAmazonベーシックで売られているヤツ。今回紹介するCanon純正の製品の約半分の値段で手に入れることが出来る。 ぶっちゃけ一瞬でもコレにしようと思ったけど、Canon純正のほうが「なんとなくの安心感」があるからCanon純正のにした。その気持ちが不要というのであれば、Amazonベーシックでもよいと思う。しっかりEOS M,EOSM2とかも対応している。(詳しくはAmazonの詳細をご覧ください。) 

ということで、A,mazonベーシックの話は置いといて、Canon純正のリモートスイッチRC-6を紹介したい。

RC-6フォトレビュー

Canonrc6 IMG 0835

製品は結構小さい。マジで無くす勢いのある大きさだ。このリモートコントローラーと説明書、あと来れようの入れ物がついてい。

電池はCR2032をつかっていて、電池一つで3年間のスタンバイモードと20000回のショットが可能。おぉ、そんなにシャッター押しちゃったらカメラ壊れちゃうよ。

リモート自体は5mぐらい離れていてもシャッターが可能とか。ちょっとした中距離自撮りとかいけますやん。しないけどね。

聞いた話によると、「撮影会」とかでこういうのを使うと他のカメラにも影響があるとか。怖くね?それ?w

  Canonrc6 IMG 0834

一応大きさ比較。EOS Mと比べてみてもかなり小さい。無くしそー。それだけが心配。本体にストラップホールと、入れ物の方にカメラストラップを通せる穴はある。入れ物は多分使わない

  Canonrc6 IMG 0836

ちなみに、Amazonベーシックとの大きな違いは、RC-6にはカメラシャッター機能が2種類あるということ。通常のシャッターを切る機能に2秒間の猶予のあるシャッターと選べる。わりとこの2秒のは使う。

どうやってEOS Mで使うのか?

Canonrc6 IMG 0832

先に「撮影会で使うと他のカメラも影響ある」というのを書いたけど、それは特定の条件下に置かれてのことです。このRC-6を利用するには、EOS Mをそれ専用のモードに変えておかないといけない。 写真のように、「セルフ:10秒/リモコン」の設定にしてあげればRC-6のボタンを押すだけでシャッターが切れちゃう。

んで?使用感はどうなの?

ということでRC-6を導入したわけだが、どんなあんばいか。いいよ、こいついいよ。

 ボクは「物撮り」をよくする。良く利用する。良く撮影する。三脚にEOS Mを取り付けて、撮影する。でも三脚の形やエレベーターの高さなどによって、若干揺れちゃう。それを究極に減らしてくれるのがレリーズ。ただし、EOS Mにはレリーズ穴はない。

だからRC-6を導入したのだ。

んで、もう、ぶれない。ぶれを知らない。三脚が素晴らしく機能する。もうセルフタイマーの時間を待たなくて良い。リモートスイッチは完璧に機能し、完璧に助けになっている。導入して良かったのだ。

もちろん、物撮り意外にも使えることは確実だ。買って良かったわ!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事