プロフェッショナル用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」を手に入れた

ページ

 

プロフェッショナル用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」を手に入れた

2016年8月10日水曜日
Shorderpod IMG 9129
やっと手に入れたよ、S1をさ!

このブログをずーっと読んでいたことがある人なら、2014年のこの記事を知っているはず。
ねー、2014年の時点でこんなことを書いていたのだ。当初はまだそんなに 「ほしいな!」なんて気持ちはなかった。そもそも日本で販売してなかったのでその考えが起こりうることはなかったのだ。

そして2016年になって、S1に触れる機会があり、物欲に火がついたのだ。

Shoulderpod S1

こちらがその製品だ。ようは、スマホを固定してもてるグリップなのだが、その外見が合ちょい良い。ただ挟むだけじゃなくて、上下にあるV字の溝に挟むのでなんか安心できる。ねじ込みしきで挟むこと、そして色々な端末に対応できることだ。iPhone 6s Plusでも問題ない。

自立スタンドとして、卓上スタンドとして、三脚にだって取り付けられる。グリップ部分は少し重みがあれ、映像とか撮影する時に結構良い。

S1のレビューについて

あぁ、でもこの記事では「Shoulderpod S1」を詳しくレビューしないよ。だってまだ製品を触り始めて1週間経ってないからね。出来ればしっかり触ってレビューしたい。しかもコレを書くとしたら、このブログじゃなくて、「キセノンテンター」の「レビュー」カテゴリの方で書かせていただこうかなって思ってるからね。こっちはあんまりレビューブログじゃないからね。

まぁ、使ってみて直感的に「やっぱ良いジャンかコレ!とは思った。

あくまで報告

この記事はあくまで「Shoulderpod S1」を「手に入れたぜ!」的な報告ということで。2年越しの製品。やっぱりあたり製品でしたわ!

ちなみに、すでにInstagramでは「Shoulderpod S1」を使っていくつか写真をアップしていますし撮っていきます。興味がある人はご参考に! やっぱ三脚に付けれるってのが良いな。

普段iPhoneを使って作品を作っているから、こういうのはマジでうれしい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事