iPhone 7 Plus の「ポートレート」モードでボケを撮影。

ページ

 

iPhone 7 Plus の「ポートレート」モードでボケを撮影。

2016年10月4日火曜日
Iphone7plusportrait IMG 2579 2
iPhone 7 Plusはデュアルカメラが搭載されていて、それをりようして、「被写界深度」を表現できる。つまり、写真をボケさせるってことだ。現段階でもあるていどぼけてるんだけど、それをより、はっきりと「ボケ」させる。 

んで、現時点(2016/10/04)ではパブリックベータでしかそれはできなくて、とりあえずメイン機に入れてみた。

iPhone 7 Plusのポートレート

とりあえず、写真例を出すっきゃない。その前に、この記事を書こうと思ったきっかけになった、トバログの記事をご紹介。

  この記事では、いくつかの作例があった。非常に参考になります。また、ここにもかかれているように、
  • 2x の望遠レンズの画角 (35mm換算56mm相当) でのみ撮影可能
  • 焦点距離は約30cm以上、240cm以内と限定的
  • 被写界深度を測るためのフォーカス速度が遅い
  • F値の調節はできない
  • ある程度明るい場所でないと不自然な写真になる
via:【iPhone 7 Plusカメラ】ボケ味が美しい「ポートレート」レビュー。作例13枚の比較、失敗し易いシーンなど | トバログ[関連]
と、あるていど「ポートレート」モードには制限がある。フムフムなるほど。さっそくパブリックベータを入れてみて、撮って見た。

ボケは出ている

Iphone7plusportrait IMG 2576
これは通常の写真。「ポートレート」モードでは2枚写真が残る。崎の注意書きをまず無視して、暗いところで撮影してみた。

  Iphone7plusportrait IMG 2577
おぉお!ぼけている! と思いきや、缶の縁がやばいことになっている。非常にぼやけている。なるほど、こうなるのか。

  Iphone7plusportrait IMG 2578
ちょっと明るいところに着てみた。まずは普通の写真。

  Iphone7plusportrait IMG 2579
缶やそのちょっと後ろにはピントが合っていて、他の部分がぼける。

  Iphone7plusportrait IMG 2582
縦位置でも撮って見た。スマホ撮影って縦なイメージがある。

  Iphone7plusportrait IMG 2583
コレは良い感じ!かなり良い感じにぼけた。

決まれば素晴らしいボケ

ポートレートモードをちょっと試した結果、「条件が合えば」かなり言い感じの写真が撮影できる。やっぱり暗いとダメなんだろうけど、それは「現時点」でのはなし。コレより先、さらにアップデートされて、もっと言い感じの写真が撮れちゃうんじゃないだろうか?そう思うとiPhone 7 Plusにして良かったー!ってなるよね。 

いいんじゃね?暗かったらライト使えばいいしね。もっと見たい人は、さきのトバログさんの記事を見てよ!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事