2016年、確実に一番遊んだのは「METAL GEAR ONLINE」だわ

ページ

 

2016年、確実に一番遊んだのは「METAL GEAR ONLINE」だわ

2016年12月30日金曜日
NannyakannyaiuteitibannasondanohaMGO METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 20161024203140
なんやかんやいうても、2016年で一番長いこと遊んだのは「メタルギアソリッド5 ファントムペイン」(以下MGS,MGSVTPP)に収録されている「METAL GEAR ONLINE」(以下、MGO)ですわ。

MGOってのはMGS3に収録されていた、MGS3ベースのオンラインゲームで、各キャラクターが色々な任務やルールで対戦するめちゃくちゃおもしろおおおおいゲームだった。そして「メタルギアソリッド ポータブル・オプス」のMGOやMGS4のMGOなんて感じに、MGOはメタルギアソリッドシリーズが出るたびに段々と進化して行った。

そしてMGOは段々と面白くなって行ったゲームだった。

MGS4のときは学生だったんだけど、それはもうアホみたいにプレイしていて、「寝る間もおしむ」っていう言葉をゲームに対して使っちゃうぐらいだった。(他に「寝る間もおしむ」を使ったのはFF11)

プレイ人口はだんだんと減ってきちゃったけど、ボクはMGOをプレイしているよ!

MGSVTPPのMGO、僕は好きです

なんやかんやあったMGSVTPP

わすれもしない、2015年の9月20に発売されたMGSVTPP。2014年に出た「メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ」の続きの話。それが出る前、2015年3月にコナミの部内再編成により小島プロダクションは解散するなど、生みの親を消しにかかったKONAMI。そして出て行く小島監督(今は、KOJIMAプロダクション)。

会社の中のことは全くわからない、外から見ると、KONAMIは何やってんだって感じ。ゲームの納期とかはあるだろうけど、「最高のゲーム」を作りたいんじゃないだなとは感じた。「最高のゲーム」じゃなくて「製品」をつくれってことなんだな。そりゃ、もう、それは面白いゲームじゃないよね。「製品」になったゲームってだけだ。,,,なんてかくとMGSVTPPが面白くないみたいになっちゃうけど、実際のところ、1章最高、2章以降は????って感じなのは多分みんな同じ。「あれ?」って「未完じゃね?」ってね。商売として「製品」を提供するのは大前提だけど、それが「面白いゲーム」になるにはやっぱ時間だって必要だよねってね。

まぁ、個人的意見なんでいくらでも突っ込み入れられる感じなんだけど、MGSVTPPはやっぱねーってのはある。時間かけたら本当に世界にずーっと語り継がれるゲームにはなっただろうなーって思う。そこはMGSVTPPno残念なところ。

んで、MGOの配信はMGSVTPPの発売日と同日の9月2日に行われる予定だったんだけど、約一月の延期を経て10月6日にサービスが配信された。この1ヶ月の間はひたすらMGSVTPPをプレイして、色々と考えて、楽しんだ。本当にMGSVTPPは良かったと思う(前半の話)。そこからのMGOだ。

MGOはやっぱり楽しいじゃないか

そして、配信されたMGO。当日には「まだかまだか」と思いっきり待っていた。最大16人で行われる色々なバトル。マジで楽しい。 MGSVTPPベースのMGOには以下のルールがある。

BOUNTY HUNTER(バウンティ・ハンター)

単純な殺し合い、チケットの奪い合いだ。MGSVTPPから入った新要素フルトン回収(風船でビューンと上にはこぶやツ)を組み込んだめっちゃ面白いゲーム。敵を倒してチケットを減らして行くだけでなく、倒しまくった敵を気絶させてフルトン回収することで、チケットを復活させるというシステムがかなり斬新だ。

最大30分なんだけど、力が同じぐらいのチームだと、時間めいいっぱい使わないと勝敗がわからない…なんてこともあるぐらいだ。それぐらいすごい楽しめるヤツ。ただし、相手がPS4内(XboxやPCも同様)でパーティーを組んでいる場合は明らかに不利になるので面白い。「こいつらを倒したらまじのパーティーに勝てる!」なんていう楽しみとしてボク個人は嬉しい。

単純に倒せるのは良いでしょう。

CLOAK AND DAGGER(クローク・アンド・ダガー)

ガチのサーチ力、ステルス力が試される、本当に実力が必要なルール。

攻撃チームと防衛チームに分かれ、マップ内にあるデータディスクを巡って攻防を行うゲームです。攻撃側はディスクを奪い、回収地点まで運んでデータをアップロードしたら勝利。防衛側は相手を倒したら勝利と言うゲーム。一見文章で描くと簡単なように見えるが、攻撃側はステルス迷彩を被っており、見えなくなっているのだ。

防衛側は見えない敵をサーチしながら、時間いっぱい守らなくてはならず、攻撃側はステルスはかぶっているものの、殺傷武器が使えないので、防衛側をよけながらディスクを奪わなければならない。なんとも手に汗握るルールだ。

負けちゃった人はカメラモードになって味方の動きが見えて指示を出せるんだけど、コレの間にそのゲームから抜けちゃう人がいるからそれはちょっと問題だなとは思う。
これで勝ちまくる人は全員強い印象。

COMM CONTROL(コム・コントロール)

拠点奪い合いゲーム、結構好き。

攻撃チームと防衛チームに分かれ、マップ内に点在する3箇所の拠点を奪い合う。攻撃チームが拠点から敵データをダウンロードして行って、それが100%になると勝利となる。防衛側はそれを阻止しまくるという、単純ながら、けっこう攻めと守りの順番を考えさせられるルールだ。

敵が一ヶ所にあつまるのでグレネードランチャー使う人が鬼ツよ。割と勝てなくて悩む。

SABOTAGE(サボタージュ)

これは2016年3月から追加されたルールさ。 攻撃チームと防衛チームに分かれ、マップ内に置かれたミサイルとその周りを覆う電磁バリア装置を制御するターミナルを巡って争うルール。攻撃側はターミナルをハッキングしてバリアを外す。そしてミサイルを破壊するかフルトン回収すると勝利となる。

 防衛側は、ハッキングされたターミナルを再びハッキングしバリアを起動させ、ミサイルを守るか、フルトン回収される前にフルトン(風船)を撃ち落とすことでミサイルを守る。時間いっぱい守り抜けば防衛側の勝利だ。 一種の気の緩みが勝負に影響を与える目のはなせないゲームだ。

やっぱおもしろいんだよね

んで、MGOにあるルールをかいたんだけど、やっぱりそれぞれが面白いんだよね。人口的にはサボタージュとか少なくなってきちゃったけど(そもそもMGOをプレイしている人が少ない?)個人的にすべてのルールが楽しい者だと思う。主にBOUNTY HUNTERにボクは出現するかな。ってか、部屋によってルールが違うからそれに合わす感じ。

クラスって言う要素

MGSVTPPベースのMGOには「クラス」というものが存在する。言い換えると「スキル」的なやつでこれによってプレイヤーの基礎体力のステータスが付加されるかんじ。クラスによって使えるアビリティや武器とかちがうからこの選定が結構重要になってくる。

偵察クラス

偵察、スナイパーだよ。双眼鏡で敵の位置を把握し知らせたり、スナイパーで頭狙って狙撃したり麻酔で眠らせたりする役割があるヤツだよ。

「マーキング」という敵の位置がバレちゃうしくみがあって、偵察はそれに長けている。マーキングしまくって味方に敵の位置を知らせるのさ!!もちろん、専用武器のスナイパーは遠距離でヘッドショットしたら一撃で倒せちゃうんだぜ!!(ただしそれなりの技術が必要になってくる。


重装クラス

銃撃戦を得意とするクラス。名前からして防御力がありそうなクラスだ。ほんとうに固くて、なかなか死んでくれないやつ。メリットはダメージに強いのと、回復速度が速いって事。デメリットは動きが遅いって事かな。

いわゆる「火力」要因で、ロケットランチャーや着地と同時に爆発するグレネードなど、かなり爆発系が強い。ぶっちゃけ強い。そういうやつ。

こいつを使えばほぼ死なないなという印象。わりと使っていて、ずるいなと感じる時がある。同じクラス同士じゃない限り打ち負けはほぼない。

潜入クラス

接近戦最強なクラス。先の重装クラスにはぶっちゃけ潜入クラスでいけば勝てると思う。専用アビリティ「ステルス」をつかうことで、敵に気づかれることなくゆっくり接近して、味方に敵の全位置をしらせる「尋問」やなぐってそのままフルトン回収する「フルトンパンチ」なんてものがある。

また、全クラス一の軽量さをもっているので、非常にすばしっこく動くことが出来る。防御力はビックリするほど弱い。

クラスをルールでの使い分けが重要

一つのゲームでクラスを切り替えるって事は出来ないんだけど、ゲームのルールによってクラスを使い分けることが出来るとめっちゃ楽しくなる。BOUNTY HUNTERにおける「尋問」はめっちゃ重要だけど、火力で倒しまくるって言うやり方も良いからね。個人に合ったクラスを使い分ければいいさ。 ボクは場所によってクラスを使い分けるタイプの人なので、プレイスタイルはマルチだよ。

なんか人それぞれプレイってやっぱ違うんだよね。やたら偵察でスナイパーうまい人とか、潜入でバリバリ尋問できちゃう人とか、ほんとMGOって性格でるわー。

MGOの思い出

サービス開始から1年以上たっちゃって、段々とプレイする人が減って行くのが今のMGOの現状。それでもボクはずーっとプレイしていて、もうほぼ「いつものひとたち」とプレイする感じ。フレンドではないんだけど、「あ、この人いる!」」って毎回思えちゃう。そうなる前のMGOは本当に色々な人がいたなー。ってことで写真を紹介。

NannyakannyaiuteitibannasondanohaMGO METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 20160827205945 なんか、魚のマスクを被った人。衣服は半分課金みたいな物だからまだやってないなー。サービス維持のためだったら課金しなきゃいけないんだろうけどなー。

  NannyakannyaiuteitibannasondanohaMGO METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 20160827211036 ユニークキャラクター(ゲームで一人だけが使えるMGSVTPPのキャラ)であるオセロットに指を差されたので写真撮影。

  NannyakannyaiuteitibannasondanohaMGO METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 20160925212918 ユニークキャラクターのクワイエットさんが踊っていたのでパシャリ。

  NannyakannyaiuteitibannasondanohaMGO METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 20160926000126 なんかすごいことになっていたのでパシャリ。

  NannyakannyaiuteitibannasondanohaMGO METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 20161217001833
ゲーム終了後に踊る人たちも。

こういう楽しい雰囲気だったらまじで「楽しい!」っておもえちゃう。

でもやっぱこういう人たちだけじゃなくて、死後敬礼(倒した相手のキル画面でふざける感じのヤツ)とか後味悪いのを見かけちゃうと「うーん」ってなっちゃうのもMGOなんだよね。一番ヒドイと思ったのが、わざわざボイスチャット使って、ゲーム終了後に「まけてやんの!!!ばああああああああああああああ」とかマイクで行っちゃってる人がいて、「あぁ、逝っちゃってるなぁ」とか思いながらそのゲームは抜けました。(その時はボクは勝った側、即ブロック)

後味悪いのはダメだけど、音楽を奏でてくれる人とか、無線でちゃんと指示してくれる人とかいるとめっちゃ楽しいなって思う。本当にそう思う。せめてPS4のブラックリストがちゃんとMGOでも効いてくれたらなーってはおもうかな。

ちなみにMGO関連の写真が膨大にあるので適当な写真を紹介したまででしたー。本当に写真いっぱい取ったからねー。楽しいゲームだと写真撮るでしょ。

ということで今日もやるMGO

Final Fantasy XVが出てから、実は交互にゲームをやっている感じだったから、MGOは今日やります。MGOで楽しく、いいかんじにぷれいさせていただこうかなーと。

いったいいつまでMGOがプレイできるかわかんないんだけど、運営が続く限りはMGOで楽しくやらさせていただきます。

ただし、運営さん。いい加減バグを直してくださいよ。せめてなにか「声明」だしてくださいよ。それだけだったら出来るしょう。それかオープンソースにしてよ。まじで。

まぁ、今のままでもモチロンやるけどね、MGO。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事