2016年に一番手に入れて良かったオーディオ機器はSTAXのSRS-2170だ、コンデンサー式イヤースピーカーシステムすごい

ページ

 

2016年に一番手に入れて良かったオーディオ機器はSTAXのSRS-2170だ、コンデンサー式イヤースピーカーシステムすごい

2016年12月29日木曜日
Staxsrs2170ga2016nenitibanyokattayatu IMG 0959 2
2016年を振り返って、「こいつを手に入れて一番良かったぜ」っていうオーディオ機器があります。それがSTAXのコンデンサー式イヤースピーカーシステムSRS-2170です。色々なところで「別次元」と言われているSTAXのヘッドホンSR-207とヘッドホンアンプSRM-252Sがセットになっているヤツで、もう既に生産は終了してしまったやつです。

「STAXでの入門機」と言われていたヤツだけど、ぶっちゃけ他オーディオメーカーのハイエンド機と並ぶぐらい(いや、それいじょうか?)の物だと言えちゃうヤツです。

めちゃくちゃ簡単に説明すると「音が良い」って言う感じのヘッドホン。据置のアンプがないと音が鳴らせないんだけど、かなり良いヤツでした。

2016年で一番良かったオーディオ機器SRS-2170

Staxsrs2170ga2016nenitibanyokattayatu IMG 0963
今回ご紹介するSTAXのこいつ(STAX SRS-2170)は『コンデンサー型ヘッドフォン(エレクトロスタティック型』や「イヤースピーカー」と言われているやつ。コンデンサー型は音の再現性が良いってやつっすね。それが最大のメリット。

そしてデメリットとするならばSTAXの専用ドライバユニット(専用アンプ)が必要なので、普通のイヤホンやヘッドホンと違いなら仕方が全く違うタイプのオーディオ機器です。

気軽にiPhoneやMacに接続してSTAXを聴く……なんてことはできなくて、もしそういう環境を実現するとしたら別途アンプやUSB-DACなどが必要になってきちゃいます。それでコレで聴いてしまえば…。

まじでいい音

それでもSTAXの実機を聴いてもらえればわかるんですが、すべてのとがすべて綺麗に聞こえる。「自然に聞こえる」って表現が良いのだろうか。もう、「音楽の中にいる」と思っちゃえるぐらい音がでてくれるのです。STAXの上位機種を聞いたことはないですが、入門機のSRS-2170ですらそう思わせてくれるんだから上位機種はもっと高尚な言葉を用意しないといけないのだろう。
音が良いのだ。
なんかその言葉で収まっちゃえるぐらい良い。STAXのために用意された言葉じゃないの?
ちなみに、STAX SRS-2170は生産終了で後継機のSRS-3100(SR-L300とSRM-252Sのセット)が現在の入門機セットでお求め安い価格となっている。

STAX SRS-2170

Staxsrs2170ga2016nenitibanyokattayatu IMG 0959
STAX SRS-2170は、このセットです。(ヘッドホンスタンドはついていません、ちなみにSTAX純正です)結構場所をとりますが、「音」がここにあるっておもえば気にならない。スピーカー置くよりこっちが卓上あるほうが嬉しい。

Staxsrs2170ga2016nenitibanyokattayatu IMG 0960
そしてこちらが、ヘッドホンアンプSRM-252S。端子部分とかSTAXの製品でしか使えないヤツ。専用のヘッドホンアンプって感じです。ただ、特殊端子なので他の機種で使えないって言うやつ。アンプも上位機種なんかたくさんあるのですが、上位機種のは真空管ドライバーユニットとかあって値段が跳ね上がります。

Staxsrs2170ga2016nenitibanyokattayatu IMG 0964
SRM-252Sの端子はこの様になってますので、色々な機種を挟めばiPhoneやPC、MacなんかもSTAXに接続できちゃいます。ボクはUSB-DACをつかってSTAX SRS-2170につないでます。正直にいうと、今野接続方法は全く持って満足している者ではなく、もっとちゃんとしたUSB-DACさんをこいつにつないでやりたいところですねー。現状で、「満足」と言えば満足なのですが、「その上がいる」って事実も同時に認識しているのでごにょごにょしているところです。(金さえあれば状態)

Staxsrs2170ga2016nenitibanyokattayatu IMG 0961
んでコチラがヘッドホンSR-207。開放型ヘッドホンで長方形なものを耳に書ける感じ。耳を完全に覆うタイプのヤツです。開放型なので、聴いている音楽は周りに漏れます。そして周りの音も入っちゃいます。なのでこれを聴く時はなるべく一人の時にゆったりと聴いています。すごく綺麗な感じの音です。

これさー、一回聴いちゃうと色々なヘッドホンとかが煩わしくなっちゃうんだよね。何だろうかねコレは…。

このヘッドホンの欠点があるとすれば、大きく重い割に素材がプラスチックなので衝撃とかで壊れてしまわないかと若干冷や冷やでつかってます。まぁ、オーディオ機器を手荒に扱うって事はしたことないのでとりあえず慎重に使ってます。(個人的にコレ系の者は物理的に壊したことがない)

サウンドエースさんで

元々コレは、伊勢市にあるオーディオ専門店「サウンドエース」さんで視聴させていただいたヤツで、いわゆる「一目ぼれ」ってやつです。聴いた瞬間に「すげえ」ってのがわかりました。その時はiPhoneを音源(しかも標準のミュージックアプリ)だったのですが、それでもそこらあたりのイヤホンやヘッドホンなんかとは雲泥の差でした。(まぁドライバーユニットもあるからね)

ということで、サウンドエースさんで一目ぼれしてお店に通い詰めて、ついに2016年の7月にSTAX SRS-2170をゲットすることが出来たのでしたー。サウンドエースさんにはコレ関連で色々な相談事や選択肢を得れたのでマジでお世話になっちゃいました。

サウンドエースさんについて

お店:サウンドエース
住所:〒516-0016 三重県伊勢市神田久志本町1522−4
電話:0596-25-0526
営業:水曜日定休 10:00から19:00
伊勢警察署、ぎゅーとらが近くにあります。駐車場もちゃんとあって、オーディオ系のイベントが定期的に行われるお店でもあります。イベント情報などはHPやウェブサイトをご覧ください!!!
HP:サウンドエース
FB:サウンドエース(Facebook)

据置だけどオススメ

音楽を聴くためのヘッドホン。STAXは「据置」「ドライバーユニットが必要」と導入に躊躇してしまう要素がいくつかあります。でも、それがOKというならば、是非ともコレを手に入れて音楽を聴いて欲しい。「えぇ、こんなヘッドホンがあるのか!!」ってね。

現在販売されているのは、今回紹介したSTAX SRS-2170の後継機SRS-3100が入門機としてあります。お値段的に見るとちょっと高いように思えますが「ヘッドホン」+「アンプ」(専用だけどね)ってなれば、割と値段的にも納得できるんじゃないでしょうか?いやー納得できちゃうね、この音を知ってしまったらね。

据置でも良いぜ!ってひと、個人的にSTAXはスーパーオススメなのでぜひどうぞ。伊勢市のオーディオ専門店、サウンドエースさんで取り扱ってますよ!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事