完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン使ってみたらAppleの「AirPods」が欲しくなった

ページ

 

完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン使ってみたらAppleの「AirPods」が欲しくなった

2016年12月30日金曜日
Airpodsgamettyahosikunattyattajyanaikaapplesanndousitekureyouka
あくまで「欲しくなった」ってだけでそれは「購入する意思がある」とかそういう話ではないことを先にかいておきます。

先日、ボクの別ブログであるキセノンテンターで紹介した完全ワイヤレスなBluetoothイヤホンのQ16ってのを紹介したんですけど、なんか完全ワイヤレスなEARINの時もそうだったように、他の人が使っている完全ワイヤレスなBluetoothイヤホンに非常に興味出てきちゃいました。「人の物を欲しがる」ってのじゃなくて、完全ワイヤレスなBluetoothイヤホンであるQ16を使ってみて、「あれこれ便利じゃねーか」って思ったのが原因です。まじで便利なんですよね。

そして、Appleの出しているAirPodsなんかは、ね、それの上をいくんだろうなー。買わないぞー!絶対に買わないぞー!!

完全ワイヤレスなあいつって良いんでしょ?


まずコチラの記事。数々のBluetoothイヤホンを経験してきてワイヤレスの利便性を把握していたつもりでしたが、左右のBluetoothイヤホンをつなぐケーブルすら無くした完全にワイヤレスなBluetoothイヤホンってnoがあるんですわ。それがこの記事で紹介しているSoundPEATSさんのQ16って製品です。

SoundPEATSさんのオーディオ製品はいわゆる「コスパの高い」系のオーディオ機器で割とAmazonさんでも人気なヤツでした。そんなSoundPEATSさんが出した完全ワイヤレスなヤツ。音も問題なく、ケーブルがない。すごい。TWS(True Wireless Stereo)の為せる技ですわ。

ケーブルがないってめっちゃ便利

ケーブルのあるタイプのBluetoothイヤホンって、出ているケーブルはどこに当たってます?空中にはう手居ませんよね?耳からケーブルが垂れている訳だから、衣服とかに当たっちゃってるんだよね。それで、首とか動かすと、パーカーとかの服装によっちゃあケーブルが当たっちゃって耳に違和感が来るんだよね。まぁ、個人的には首回りに来るようなそういう服装をしないからね。そういう服装をしたとしても、そんなときは大体音楽聞かないからいいんだけどさ。

ケーブルが完全に無くなった完全ワイヤレスなBlueoothイヤホンは、それがない。それが事実。首を動かしてもケーブルが服に当たるなんてことは絶対にあり得ないんだ。

つまりフリー。自由だ。気にすることなく首を動かせばいい。学生自体は耳に色々な物を付けていたから、Bluetoothイヤホンが来たって特に違和感なく過ごせる。このQ16はイヤーフックで耳にかけちゃうタイプだったからズレ落ちるなんてことは、普通の生活してたら絶対になかったね。

そこで気になった他のワイヤレスイヤホン

「完全ワイヤレスイヤホン」で有名なEARINを視聴させてもらったことがある。その時はぶっちゃけ短い時間だけだったから気づかなかった完全ワイヤレスの利便性。今ならわかる、「完全ワイヤレスめっちゃいい」ってことがね。

さらにEARINは、専用の持ち運びケースに入れておくだけで本体を充電できちゃうんだってな(AirPodsもその方式)。これでバッテリー時間を持たせることが出来るんだったな。

一方Q16はどうだ。あいつは駆動時間は長いんだけど、充電にはケーブルをそれぞれ左右につながないといけないんだぜ。そう考えちゃったらさ、もうなんか、スゴイスマートじゃん、EARINがね。

 んで、ここでAppleの「AirPods」にも目が行くわけです。

「AirPods」のレビューをいつの間にか観ている

僕が始めて「AirPods」のレビューを観たのは、有名YouTuberである瀬戸弘司さんのAirPodsレビューです。なんでも最速レビューとかで(ほぼってかいてあるけど)、AirPodsの魅力をたっぷりと紹介してくれちゃいました。その映像「【ほぼ最速レビュー】Apple純正ワイヤレスイヤフォン「AirPods」がやってきた! / アップル エアーポッズ」で、AirPodsがスゴイってのがわかった。内容はぶっちゃけ使用方法とかだったけど色々スゴイんだなーと。実際につけている人の映像もみれて、AirPodsのつけごこちとか見た目とか色々わかった感じです(たぶん)

そのあとFacebookで音楽に関わっている人のAirPodsレビューで言われていた言葉が気になった。

「静か目に音楽を流すと、まるで外部のスピーカーからBGMが流れているよう。」
というのだ。これは周りの音も良い感じに入ってきてくれて、それでもそのままライフスタイルを崩すことなくAirPodsを利用できちゃうって事だ。そして、電話がかかってきたらそのまま音量を上げて通話したら良いんだろうな。

Appleのサイトにはこんなことがかかれている。「ワンタップのシンプルな設定で、AirPodsは自動的にオンになり、いつでも接続された状態になります。使い方も同様に簡単です。耳に装着されたことを感知するので、耳から外すと一時停止します。iPhoneと一緒に聴く時も、Apple Watch、iPad、Macと一緒でも、AirPodsの体験は驚きそのものです。

耳に装着されたことを関知する。

それがすごい。すごくね?先の瀬戸さんの映像でも耳カラ外すことで音が止まるのを紹介されていました。イヤホンになんかテクノロジーが使われているみたいだ。

さらには「おなじみのパーソナルアシスタントに話しかける時も、実に簡単です。どちらかのAirPodをダブルタップして、Siriを起動するだけ。ポケットからiPhoneを取り出す必要はありません。」なんてことに…。もう、これできちゃったら、iPhoneで操作することなくなっちゃうんじゃないの?すごくねそれ?

あぁ、でも、バッテリーは5時間が限度っぽい。ケースに入れれば24時間音楽を流すことが可能なんだって。でも、5時間ってぶっちゃけ「そんなに聴き続けます?」って考えたらその時間で利用もありかもしれない。また、急に使いたくなった時、15分の充電で3時間持つっぽいね。

Appleは世界でも支配したいのか?

こんなのほしくなるやんけ。マジでそう思う。

いや、でも買わないぞ…たぶん

「製品が欲しい!」ってなった時はその製品を調べまくって、そしてそれから値段を見て色々と考えるんだ。今回ボクは製品を調べただけ。値段を見ていない。値段見ちゃったらGUMIさんに何かしらのアプローチを出してしまう。いやダメダメ、だって最近スマホ用のスタビライザーDJI OSMO MOBILEとかアクションカメラの有名どころGoProを手に入れちゃったばかりだからね!そんな暴挙は出来ないよ!!!

ということで、FacebookとかにでてくるAirPodsの情報を眺めてしまったがために、AirPodsの庄開催とまで足を運んでしまったのでしたー。いやー、だめだ。欲しくなっちゃった。でも「だめ」だとわかっているのからやらないぞ。「フリ」じゃないからね!!まじでだめだからね!!!

あぁ、こんな時は写真の事を考えよう…。写真!?カメラ!!?レンズ!!?あかん、そういえばiPhone 7/7Plus対応のolloclipが海外カラとどいたばかりだった…。うわぁああああああだめだ!!!

ということで、色々反省しないところがあるんでしばらくは何も買わないようにします。「いらない」って思うことにしましょう。なんなら滝に打たれます。

AirPods - Apple[関連]


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事