iPhone7/7 Plus用のolloclipレンズが海外から届いたので報告だけ

ページ

 

iPhone7/7 Plus用のolloclipレンズが海外から届いたので報告だけ

2016年12月30日金曜日
Olloclipforiphone77plusnolensgatodoiteshimattakoredesyashinsatueigakanariiikanjininaruzoarigatouolloclip
ボクがiPhone 6 Plus時代にめっちゃ使っていたiPhone用外付けレンズ「olloclip」(オロクリップ)が海外カラとどいた。元々Kickstarterから始まったolloclipレンズは、かなりの人気があり、iPhone 5(SE)、iPhone 6 /6 Plusと続いてきて、2016年はiPhone 7用のレンズを出してくれた。当初予定されていた販売時期よりダイブ後れて、2016/12/30に海外カラとどいた。

発送するよーのメールの後、届くのは年明けってなってなのにすぐ届いた。マジで嬉しい。

今回はあくまで「届いたよ」報告なので、olloclipレンズがiPhone 7/ 7 Plusに対応してどうなったのかをご紹介します。

海外からolloclipレンズが届いた。

軽めのolloclipの歴史

olloclipレンズはiPhone用の外付けレンズだ。元々は2011年にKickstarteでiPhone用外付けレンズとして登場した。当時のiPhoneと言えばiPhone 4が出た時です。そのトイは1300人の支持者をえて、68201ドル(およそ730万円ほど)という目標以上の金額を得ることが出来た。その時出ていたのが3 in 1のレンズ。

コレに興味を持ったAppleはolloclip初のリテール客になり、世界中のアップルストアでolloclipレンズが置かれるようになった。2011年11月のことであった。見たことあるでしょ?Apple Storeでさ。

そしてその数週間後には、世界最大の家電量販店である「ベストバイ」がolloclipに興味を持ち店舗に置かれるように…。

これらのことから、olloclipの成長のきっかけにAppleとベストバイが関わったことになる。

その後、なんやかんやあってテレフォトレンズと円偏光レンズシステムの発表があったり、iPhone 4/4s、iPhone 5/5s対応(今はSEも対応)の4-in-1レンズを出したり、マクロレンズを出したり色々した。

2015年に出たolloclipの「アクティブレンズ」(ズームとワイド)をボクはiPhone 6 Plus用に購入して結構長い期間利用させてもらった。2013年にレンズを発表してから結構期間があって、その間にもolloclipはレンズの開発をしていたみたいです。

ちなみに「アクティブレンズ」の他に発表された「4in1レンズ」もiPhone 6 Plusで使わせてもらっている。このレンズは今でもボクのマスト撮影グッズとして所持している。
(メイン機はiPhone 7 Plusだけど撮影でiPhone 6 Plusを使うから)

アクティブレンズについては、Apple公式が出した「フォトグラフィー/ビデオグラフィーキット」(なんか撮影するためのアイテムセット。三脚とか色々)に入っちゃうぐらい素晴らしいことになる。

その後もolloclipは成長を続けており、「Olloslip Studio」という撮影にかなり特化したケースをも発表した。もちろんそのケースはolloclipとの相性がMAXに良い。コレを手に入れてからボクは、olloclipでの写真以外にも映像の撮影がスバらしく相性が良いことを見いだした。

他にも2016年5月にはOtterBoxのケースシステムでolloclipのレンズが利用可能な他社とのコラボケースも実現した。(コレについてはuniVERSE Case Systemをご覧ください)
そして2016年の後半、ついに AppleのiPhone 7 / 7 Plusが発表され、それに対応するべくolloclipレンズを開発に力を入れる。そしてついに、olloclipのiPhone 7/ 7 Plusモデルが2016年12月30日に僕の元に届いた。

いやー、軽く書くつもりがなげーっすわ。

olloclip for iPhone 7/7 Plusとは

こちらはolloclip公式が出している映像「olloclip for iPhone 7 and 7 Plus - Getting Started」です。この映像が出たのは12月の初めで「もう作られたのか、まだかなー」と待っていて、結局12月末まで待った感じです。さて、この映像では、新しくなったolloclipレンズの説明と、その装着方法などがあります。olloclipレンズは、今までの「固定式」とは異なり、新たに追加されたシステム「CONNECT」により、レンズを後から取り付けられるようになっている。

コレはなぜかというと、iPhone 7 Plusってデュアルレンズじゃん?だからそれに対応するべくレンズを入れ替えれるようにしているのだ。

さらに、本体が金属から別の素材になり、今までのolloclipでは不可能だった「ガラスレンズ」にも対応したということだ。今までのolloclipレンズだったら、ガラスフィルムを破壊して装着する感じになっちゃうからフィルム外さないと使えなかったからね。そう考えると、この進化はかなりスゴイ。「CONNECT」のおかげでガラスフィルムが来ても良い感じにレンズを動かしてくれるんだってさ。

レビューはココでしないけど装着してみた

olloclipレンズのレビューについては別のブログであるキセノンテンターでさせてもらう予定です。その後、こっちで使用感とか色々な撮影した写真をご紹介して行ければなと思っています。ということなので、レビューは待ってください。

ただ、製品が届いちゃったので触ってみたいじゃないですか?なので撮りあえず装着させてもらいました。

Ollocliplensgatodoityattayo mettyauresiiyo iphone7plusyoudakedoiikanjidayo ke sutukerenaiyo IMG 0971
olloclipレンズをiPhone 7 Plusに装着しました。問題なく装着できフィットされる感じです。僕が今回手に入れたolloclipレンズは、新たにiPhone 7 / 7 Plusに対応した「CORE LENS SET」「ACTIVE LENS SET」「MACRO PRO LENS SET」のうち、「CORE LENS SET」「ACTIVE LENS SET」です。マクロについては、あんまり接写を撮影する機会ってのがないので今回はなしにしました。

「CORE LENS SET」は、Fisheye、Macro15x、Super-Wideレンズと3in1なレンズです。一方「ACTIVE LENS SET」は、ULTRA-WIDE、TELEPHOTO 2xの機能があります。テレフォトだとデュアルレンズのズームの方がさらに2倍されるので4倍のレンズに…すごい。

とりあえず、写真に写っているのは「ACTIVE LENS SET」のテレフォトレンズで装着感はいいっすよ。もちろんレンズもしっかり綺麗にとれる感じです。おっと、レビューは別ブログでしたね。すいません。

ただ、一つ問題があって、実はolloclip専用のケースも注文したのですが、ケースがまだ届かない。ケースについては「ちょい遅れているぜ」的なことが書いてある英語の文章ペラも一緒に梱包されていた。そうなのだ、olloclipは他社のケースがあると装着できないのだ。つまり、裸でiPhoneを使わなければいけない訳で、ぶっちゃけそれでも良いんだけど、出来ればケースがあったほうが良いかなーってことで、olloclip専用のケースもゲットしたのだ。届かないおわびなのかショップの製品が10%OFFになる特殊なコードをもらった。

Ollocliplensgatodoityattayo mettyauresiiyo iphone7plusyoudakedoiikanjidayo ke sutukerenaiyo IMG 0972 あと、映像にもあったように、レンズのキャップを装着させるパーツ(正式名称不明)はカメラのスタンドとしても役割を果たします。これで三脚をもっていかなくても、固定して写真を撮れちゃうぜ。ココも割と考えられてるなーって思った。こいつについてはショップにてオプション追加購入かと思ったら、デフォルトでコレがついているんだってさ。

とりあえず届いた報告です

とりあえず、iPhone 7 / 7 Plus用のolloclipレンズ「CORE LENS SET」「ACTIVE LENS SET」がolloclip本社から届きましたー。届いたって事で浮かれてたんですが、今、普通に、日本のAmazonで売られていることに気づいて軽くショックです。まじかよ、コッチから頼んだほうが早くついたんじゃないか?なんてね。そんなことをごちゃごちゃ言うておりますわー。

olloclip本社から購入しても良いし、Amazonで買っちゃうのも有りだよ!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事