2016年に一番食べたお菓子は湖池屋のカラムーチョに確定

ページ

 

2016年に一番食べたお菓子は湖池屋のカラムーチョに確定

2016年12月26日月曜日
Koikeyakaramucho IMG 0919
「ポテトが辛くてなぜおいしい!」ってまじでどうして?カラムーチョ、なんでこんなに美味しいの?

2016年、ボクが最も多く食べたお菓子はカラムーチョだ。これは揺るぎないことだろう。おそらくカラムーチョだけ独走しているぐらい僕は食べた。自分のInstagramに食べる物とか食べた物とか載せてるんだけど、それをみてもカラムーチョ率がやばいぐらいカラムーチョを食べた。

ということで、カラムーチョのご紹介。しってる?カラムーチョ。めっちゃうまいヤツだよ?

※オチはありません

カラムーチョな2016年

カラムーチョとボク

世の中には色々なお菓子メーカーが有り、そのメーカーからも沢山のお菓子が出ている。そんな中、僕が好きなのは湖池屋さんのカラムーチョだ。しかもチップスタイプではなく、スティックタイプの方。これは食べてみたらわかるけど(食べたことな人はぜひ食べて)、スティックタイプの方が「噛んでいる」「食べている」感がある。

チップスだと、どうしても口に入る量が限られる。それは形を保とうとしちゃう僕の心に原因がある。スティックタイプのカラムーチョだったら、そうは行かない。縦に口の中に入れられる。だからめっちゃ口の中に入って、めっちゃ噛みしめられる。

だからカラムーチョはスティックタイプが好きだ。

カラムーチョの袋には食べる前に問いかけがある。「ポテトが辛くてなぜおいしい」っていうやつ。なぜだ。なぜかは知らないが。うまいのだ。カプサイシンとかいろいろなものを身体が欲しちゃっているのだ。塩ッけとかポテト自体の甘さだとか、スティックの口の中で連続的に起きる触感、噛みしめる音、そういうのがボクは欲してしまうんだろう。

なぜ美味しいのかは知らない。でもうまい。そういうやつ。

カラムーチョを食べる時、飲料としては水を好む。炭酸水とかだと、その飲料の甘さがカラムーチョの味をダメにする。だから水だ。カラムーチョには水が良い。純粋にカラムーチョを味わえるのだから。

そう、そんなカラムーチョを2016年たくさん食べた。「どれぐらいたべたんだい?」って言われてもわからないけど、本当にたくさんカラムーチョを食べた。なぜたくさん食べたのか。

カラムーチョをくれる人

ボクの周りにカラムーチョをくれる人がいる。それは、嫁氏と義妹(嫁氏妹)だ。二人は別々にボクにそれぞれ何かしらのお供え物をくれる。それはお茶だったり、ジュースだったり、サンドイッチだったり、アメだったり、ゼリーだったり、本当に色々な物だ。その中で出てくるカラムーチョ。

ボクがカラムーチョを寸喜なのを知っている両者は、何も一所に買いに郁とかではなく、個々に買い物に行ったついでにカラムーチョを買ってきてくれる。一度に数袋のカラムーチョが唐突に届けられる。そしてそれを食べる。そんな日々が2016年は本当にたくさんあった。だからカラムーチョを沢山食べたのだ。

この場をお借りして、両者に「ありがとう」といいたい。

ありがとう、いまもカラムーチョを食べながら記事を書いているよ。めっちゃボリボリ食べてるよ!

カラムーチョは良いヤツ

Koikeyakaramucho IMG 0922
この袋から出ているオレンジ色の物体。コレがカラムーチョだ。宇宙規模を探してもコレを作れるのは湖池屋さん以外にいないだろう。偉大な発明だ。人類の宝だ。日本が誇る最高の技術で作られた最高のお菓子。それがカラムーチョだ。なんでこんなうまいの。ありがとう、ありがとうとかみしめて食べてみたい。もう、トリコのフルコースはカラムーチョで良いじゃないか。

それぐらいカラムーチョは良いよね。

  Koikeyakaramucho IMG 0926
RPGのエリクサーってコレじゃね?って思えるカラムーチョ。一度食べれば止まらない「呪い」的な中毒性はあるものの、色々と満たしてくれるカラムーチョ。あぁ、カラムーチョ。生まれ変わったら、カラムーチョのポテトになるんだ。

もう一つのカラムーチョを食べる理由

これは、「精神」的な話になる。ボクは病人だ。難病を二つ持っている。一つはSLEと、もう一つは「大腿骨骨頭壊死」だ。大腿骨骨頭壊死ってのはめっちゃひらたくいうと歩けない。おまけにSLEの投薬治療で日光が危険。

つまり、外に出れない。

元々はアクティブな生活を送っていたボクだ。外に出れないとどうなるのか。ストレスがたまる。ストレスがたまると、どうするの?どうしようもない。普通の人なら日光でも浴びて外で散歩すればいい。ボクはそれが出来ない。どうなるか。爆発する。悲しくなる、怒りたくなる、叫びたくなる。それを補うのがカラムーチョだ。

経口摂取の外的刺激、カラムーチョ。他の物を食べるだけでも良いんだけど、このからさ、このうまさ、それがちょうど良いんだ。ストレスをカラムーチョがたすてくれる。トウガラシを食べるだけじゃダメなのだ。カラムーチョだから良いのだ。カプサイシンがいいよね。

「ポテトが辛くてなぜおいしい!」の答えはコレかも知れないな。色々とつらい人を助けてくれるって事かな。色々と元気になろう。カラムーチョをたべて。湖池屋さんにもありがとうと。

2016年、一番食べたお菓子さん。あとストックは2袋だけある。年末まで持つか不安。

だが8倍、テメーだけは許さねー。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事