痛み止めとして処方された「トラマール」ってやつがなんかすごい。

ページ

 

痛み止めとして処方された「トラマール」ってやつがなんかすごい。

2016年12月30日金曜日
Syohousaretatoramaruttekusurinohukusayouganankasugoizo IMG 4650
先日、整形外科の主治医に処方してもらった痛み止め「トラマール」について調べていたらなんか副作用がけっこうあるなーっておもったのでご紹介します。調べて速効出てきたサイトによると「がんの痛みのほか、いろいろな病気の慢性痛に用います。」ってさらりと書かれていた。

は?がん?は?え?あ…え?

ってなった訳ですよ。なんかそれ系の人が使うタイプの痛み止めっぽいなーって。先日ちょっとだけ身体の変化があったのでタ民具敵に怪しいなと思いました。なのでまぁそこから「トラマール」の副作用を見て行きました。いくつかご紹介します。

痛み止めで処方してもらった「トラマール」

痛みをおさえるお薬「トラマール」

「トラマール」でGoogle検索かけると一番上に、おくすり110番・・病院の薬がよくわかるのWEBサイトが登場しました。そこをクリックすると「痛みをおさえるお薬です。がんの痛みのほか、いろいろな病気の慢性痛に用います。」と概説で書かれてるではありませんか。正直「ふぁっ!?」となります。どういうこと?って。普通の痛み止め…だよね?っとね。

んで、一般的な鎮痛剤が効きにくい人のためのお薬っぽいです。ワシじゃんか。


んで、コチラの記事でかいたように、「足の痛みとかがあって夜寝れないってことで手術をしよう」→「いやそれなら痛み止めを処方するわ」って経緯で出されたクスリっす。

ボクは寝る時、足が痛いのだ。もちろん、毎日かかさず「痛み止め」を飲んでいて、それをやっていても足が痛くなってくる状態な人です。そこから手術しようとして…というのはこの記事に書いてあります。

とりえず、処方されたのがこのクスリ「トラマール」です。

「トラマール」が効くまでに結構かかる的なこと言われたんですが、うーむ。

クスリの注意を見てみる

そっこう気になったのが「人によっては、眠気やめまいを起こします。意識消失による自動車事故も報告されているようです。車の運転をふくめ危険な操作や作業は控えてください。」と言う文章。昨夜のことですが、お風呂に入っていて、急に「フラッ」と自分の意識が消えた瞬間がありました。24時ぐらいにお風呂に入ったので、そのおかげで疲れて眠かったのかは定かではないですが、「フラッ」としたのは確実にありました。

そういうことも有り、「もしかして…」と思い「トラマール」について調べている感じです。

副作用もこれまたすごい

「トラマール」の副作用を見てみました。モルヒネ程じゃないけど、「便秘」「吐き気」「嘔吐」「眠気」等が現れやすいと書かれていた。眠気についてはクスリを続けて行くうちに慣れてきて段々と軽くなって行くそうだ。それならいいんだけどな、いまのところ、快便であり、吐いてもないので特になんとも…。症状としては出てないっすね。

吐き気についてはぶっちゃけ服用前から毎日あるので得に変わった様子はないです。
そういえば、便秘について主治医から別の対応用のクスリも出されていた。あと、「むかむかするかもしれないから」と別のクスリも…。ムカムカって吐き気のこと?そういういみだったのか…。

そして、「重い副作用」として紹介されていたのが「けいれん」「意識消失」「呼吸抑制」ってある。ここで「意識消失」…ってえ?ちゃうよね?

「発現頻度はきわめて低く」ってかいてあるから多分違うだろうね。そんあ症状が起きてたらやべーわな。

んでクスリが割と依存性があるっぽい。急にやめると吐き気や嘔吐、頭痛、不安感、震えが起きるってさ。麻薬?てきな?

他にもキッツイことが書かれていたけど、やっぱり気になったのが「眠気」と「意識消失」ってヤツですね。これ…なのかな…?単純に眠かったからあのとき「フラッ」ときたのかな?そればっかりはよくわかりません。

とりあえずは使ってみる

手術しない代わりに出た痛み止め。だからぶっちゃけ服用せざるを得ないんだけど、昨日の「フラッ」のタイミングがあまりにも良すぎてなにかわからないからなーと言う状態です。うーん、取りあえずは飲み続けることにします。あと、「アルコール」と併用がダメなんだってさ。これから飲む時期なのに、これは困ったなー。まぁ水飲めばいいか。飲まないでおくかー。

それでいいじゃないかー。

他にもトラマールについて副作用とか色々と、おくすり110番・・病院の薬がよくわかるで見れるので気になった人は下記リンクよりご覧になってください−。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事