Apple IDに登録してあった21桁のパスワードが突破されました

ページ

 

Apple IDに登録してあった21桁のパスワードが突破されました

2017年4月7日金曜日



いやー、まいったね!まさか突破されるとは思わなかったからねー!!

ボクがApple IDに設定していたパスワード21桁が突破されたっぽいです。気づいたのはAppleからメッセージが来たから。

『お客様のApple ID確認コードは次の通りです。』

って見たことある文章。これは、Apple IDでログインするために必要な確認コードで、いわゆる二段階認証という奴。これがきたってことは、Apple IDとパスワードが取られたってことなんだよね。

このメッセージで気づいて速効パスワードを強化しましたわ!

Apple IDのパスワードが突破される

僕が設定してあった21桁のパスワード

ボクはApple IDに21桁のパスワードを設定してあった。それも「大文字」「小文字」「数字」をまぜた、割と強い目(だとおもっている)のパスワードだ。なので「突破されないだろう」という自信はあった。

ところが突破されてしまった…なんてこった…。

2段階認証に助けられた

いわゆる「二段階認証」に僕は助けられた。これがなかったら、普通にパスワードをすり抜けられて何やら色々な物を取られていただろう。

二段階認証があるおかげで、そのコードを知りえないパスワードを突破した人はApple IDの開示ができないんだからね。ありがとう2段階認証!
とりあえず、現段階はさらに強化して29文字にしました。でもやっぱり不安。

1passwordを使うべき?

Twitterで今回のことをぼやいたら、Feelingplaceのふぃーぷれ(@feelingplace)さんが反応をくれました。
フィープレさんによると、1Passwordに任せているようなんですよね。ボクも1Passwordもっているからこの機会にちゃんと使ってみようかなとかも思いました。

ふぃーぷれさんが言うなら間違いない。

怖えよ、だから1Passwordをつかってみよう

1Password
1Password (無料)
(2017.04.07時点)
こんかい、どんなアタックをされたか全くわからないんですが、パスワードは突破された形跡が合ったので急きょパスワードを変えました。ただ、やっぱりちゃんとした対策として1Passwordを使ってみようと想います。

64桁までパスワードを自動生成で作れるらしいしね。

死にたくねーしw


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事