エレコムのトラックボールが搭載されている変態なBluetoothキーボードTK-DCP03BK

ページ

 

エレコムのトラックボールが搭載されている変態なBluetoothキーボードTK-DCP03BK

2017年4月20日木曜日
Elecombluetoothkeyboardtk dcp03bk 1000x624

変なデバイスが好きな@kissatenです。今回はちょっとうれしいヤツです。

なんか形状がかなりアレなエレコムさんのBluetooth(TK-DCP03BK)をご紹介します。このキーボードには、スマホやタブレットを立て掛けられるスタンドと「トラックボール」がついています。なんという変態仕様だ…。

これは、最新ガジェットと家電、テクノロジーのニュースとレビューで有名なEngadgetさんのYouTubeチャンネルプレゼント企画で、当選しちゃいましたー。

ということで、今回当選したこのBluetoothキーボードをご紹介します。

トラックボール搭載のBluetoothキーボードTK-DCP03BK

こちらが今回ご紹介するエレコムさんが出しているBluetoothキーボードです。Bluetoothキーボードのくせにでかいです。サイズを調べてみると幅280×奥行200×高さ27.5mmというかなりビッグなサイズです。

特徴としては、最大3台のデバイスとBluetooth接続ができ、ワイヤード(有線)接続でさらにもう一台、つまりは最大4台のデバイスとやり取りが出切るというものです。

接続できるOSは、Windows/Android/Mac/iOSというかんじ。

んで、最大の特徴として、「トラックボール」がキーボードに搭載されています。トラックボールとはくるくるとボールを回してマウス操作をするもので、マウスのように場所をとらないし、割りと操作しやすい感があります。(当社比)

このキャンペーンに当選

このBluetoothキーボードは、EngadgetさんのYouTubeチャンネルで行われていたプレゼント企画によるものです。この映像では今回のBluetoothキーボード以外に、左利き用のワイヤレストラックボールのM-XT4DRBKが紹介されています。

どっちのデバイスも興味ある(左利き用があるのがすげーなと思った)

まぁ、当選しましたよ!ありがとうございます!!

TK-DCP03BKはこんなキーボード

Elecomtkdcp03bkbluetoothkeyboard IMG 1349
TK-DCP03BKのご紹介をしていきます。第一印象は「でかい」です。出会ったときからそう思ってました。

んでわりと「分厚いな」という印象もあります。なので「携帯性」はぶっちゃけありません。ただ、この分厚さにより、キーボードが打ちやすくなると思います。

あしげたを履かす感じじゃダメだったのかな?それともトラックボールには何か特殊な基盤が必要だからこれぐらいの高さが必要なのだろうか。

これを持ち運ぶってなるとトートバックのようなフタをしなくて良いタイプのかばんにぶち込めばいいのかな。

本体は単三電池で駆動するようです。個人的にはバッテリータイプが良かったですね。電池を用意するのがめんどい。

優先接続にはmicroBを使う感じでデバイスと接続します。なのでAndroidさんとかはうれしい仕様。Type-Cの端末を持ってないので接続を試してない事をご了承ください。

タイピングについては「まぁ、もんだいないなー」って感じです。

トラックボールがけっこう使える

Elecomtkdcp03bkbluetoothkeyboard IMG 1350
キーボード手前にあるトラックボール。これを指とかでくるくると回すとマウスが動くようになっている。ボクが試したのはWindowsタブレットでの利用。Bluetooth接続するだけで、キーボードとマウスの両方を利用できる感じです。

トラックボールの操作性は結構イイ!マジでそう思った。スススと回せばマウスが思うように動いてくれて2分ぐらいで操作に慣れます。

トラックボールはGoodです。


が、クリックしづらい。どうやって操作するのが正しいのか分かりませんが、度ラックとかドロップがちょっと難しいかなと。これこそ「慣れ」なんでしょうが、使ってみた感じ難しいと感じた。クリックボタンの位置の問題な気がします。

あと、色々なボタンがあるんですが、割りとこいつが使える。「戻る」「進む」とブラウザで使えるボタンがあったり、ブラウジングに特化している印象です。


ペアリングはFnキーで

Elecomtkdcp03bkbluetoothkeyboard IMG 1359
キーボードとのペアリングはとっても簡単で、キーボード上部にあるスイッチをBTに切り替えた後、FnとESCを同時に押せばペアリングモードになります。あとはデバイス側で接続するだけ。めっちゃ簡単。

Fnキーはほかにもモードの切り替えがあります。どうもWindowsやMacではキー配列が違うらしく、Fnキーを押しながらQ,W,EでWindowsとAndroid、iOS、Macとそれぞれ切り替えられるそうです。

簡単操作ってイイですね。とりあえず、説明書を無くしたと起用のメモとしてこの情報を残しました。

また、Fnキーには色々とアクションが用意されているよう。

スタンドがいい感じ

Elecomtkdcp03bkbluetoothkeyboard IMG 1362 Elecomtkdcp03bkbluetoothkeyboard IMG 1356 スマートフォン(写真はiPhone 7 Plus)やタブレットを立てられるスタンドが用意されておりはめ込んで立てかけられる。割りと安定感があってタブレットはかなりいい感じにある。スマホについてはケースありでも問題なく立てられた。そのまま利用できるのはいい感じ。

ただ、持ち運びはあんまり向いていないのでそのあたりはどうかなーと。

もうちょっと薄かったら外に持っていきたい

トラックボールがあるってのがかなりいい感じだと感じた。キーボード自体もうちづらい…なんてことはない。(個人的にHHKBを使っているので打ちやすいとは言わない)

ただ、やっぱりでかい。これはちょっとなー。携帯できればBluetoothキーボードはかなりGoodなものだ。ましてやトラックボールだからね。

エレコムさん、もうちょっと小さくなりませんか?小さくって言うか、薄くです。ちょっとこれは分厚いっすね。

あと、今回のプレゼント企画をしてくれたEngadgetさんありがとうございます!ステッカー貼りますね!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事