魅惑のタイトル「珈琲の本」ってのを買ってみた。

ページ

 

魅惑のタイトル「珈琲の本」ってのを買ってみた。

2017年4月11日火曜日
Bookofcoffee IMG 1127

コーヒー初心者のボクはコーヒーについて少し興味が出てきた。興味が出てきたが何をしていいか分からない。そういうときに、魅惑のタイトルにであった。

珈琲の本

どうよ?たまらないタイトルじゃないか?なんか「これを読めばコーヒーがわかるんじゃない?」ってなるかんじのタイトル。まぁ、これを見かけて手に取ってみて、手に入れちゃったわけです。

んで読んでみて、おそらくボクみたいに初心者の人にとっては割りと最初のステップアップとしていい感じの書籍だと思った。「豆の選び方」「焙煎度」とか絶対にコーヒーに興味ない人には知りえないような『コーヒーの基礎知識』がまず目に付く。

コーヒーのそれぞれの淹れ方や、コーヒー器具なんかも載せられていて、「形から入る」タイプの人なのでわりと吸収しやすかった。そんな書籍。

書籍『珈琲の本』

ということでムック『珈琲の本』です。外見が豆々しいパッケージとなってるのでめっちゃ目立ちます。香ばしい。

正直、あんまりこういう系の書籍は買わないようにしてたんだけど、伊勢市イタリアン「サルメリアモナカ」「オステリアラブラ」で体験したコーヒーで「ちょっとコーヒー知りたい」って感情が出てきた。だから手にしてみたんだよ。

あと、BTPのメンツの影響がかなりあります。どうしてあんなに「エモ」いんだろうかあの人達は。どういう生き方をやってけばそうなるんだろう…。
ということで、このムック『珈琲の本』をさらっと触れましょう。

『珈琲の本』に魅かれる

Bookofcoffee IMG 1128
今回、棚に並んでいたこいつが目に留まった。ちょうどカフェインが欲しかったのだろうか、「珈琲」って単語がかなり魅力的に見えた。

手に取る前に目に留まったのが「コーヒーの基礎知識」「プロ直伝!おいしい淹れ方」です。





そそらね?




「コーヒーについて知りたい」欲求だったボクにとってこの2点はかなり来るものがあった。ってことで手に入れちゃったのだ。

内容はさらさずに「あ、この本ちょっと読んでみたい」って思えるような事をご紹介します。

目次から魅力だ

Bookofcoffee IMG 1129
目次を見ていくと分かるように、もう、「なんかよさそう」って感じ。写っている範囲だけ書き出します。
  • コーヒーの基礎知識
  • 世界のコーヒー豆ガイド
  • 一杯にかけるコーヒー職人たち
  • プロ直伝!おいしい珈琲の淹れ方
  • コーヒー器具カタログ
  • 喫茶店&カフェ 名店ガイド
どう?もうこの時点で読みたくなったんじゃない?個人的に書籍を購入するときって、目次が大事だと思っていて、まーこれは「いくか!」ってなった。なので内容を軽く読んでいきました。そして手に入れちゃったのだ。

あなたにとってのコーヒーとは?

Bookofcoffee IMG 1130
女優、タレント、映画監督、芸人、ライターなど色々な著名人による”コーヒーLOVE”な4つの質問が書かれています。
  • どんなときにコーヒーを飲みますか?
  • 好きなコーヒーや飲み方は?
  • 人生を変えた「コーヒーの思い出」
  • あなたにとってコーヒーとは?
4つの質問そして十人十色な回答。コーヒーの深いこだわりを見る事ができます。なかでも…あー、言うのやめとこ!読んで!

珈琲の淹れ方

Bookofcoffee IMG 1131
もちろん「素人目」なんだけど、珈琲の淹れ方ってぶっちゃけ知らないわけ。そんな僕でも分かりやすく淹れ方が書かれていた。

紹介されている淹れ方は
  • ペーパードリップ
  • ネルドリップ
  • フレンチプレス
  • エアロプレス
と、ぶっちゃけ「ペーパードリップ」しか自分でやった事なくて(というかそういう名称なのも知らなかった)、それぞれ必要なものや淹れ方などが載っている。目的として「自分に合った淹れ方」を選ぶ感じ。

どうやら珈琲の淹れ方によって珈琲の雰囲気が変わってくるという事らしい。まじかよ、全部試したい。

番外編として「アイスコーヒー」の淹れ方も書かれている。いや、しらんし、このやり方。なんねこれww

とにかく知らない事だらけすぎて目からうろこだ。色々な淹れ方、試してみたい。

( ´-` ).oO(コーヒー玄人の人は全部知ってるのか?)

個人的な「勉強」になるムック

今回ご紹介した「珈琲の本」。適当にとった本だったんだけど、まさか自分にパラダイムシフトを起こしてくれるとは。とりあえず、まずは「珈琲の淹れ方」を試してみたいなと思った。形から入る人だからね!

あと、「あなたにとってのコーヒーとは?」って質問。考えた事もなかった。なにか自分と珈琲をつなげる言葉を考えるチャンスになればいいな。そんな気がした。

ということで、割りと手にして良かった。珈琲好き?コーヒー知りたい?じゃあちょっと読んでみようよ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事