帯は見なくても読んで欲しい漫画、松本剛「ロッタレイン」1巻

ページ

 

帯は見なくても読んで欲しい漫画、松本剛「ロッタレイン」1巻

2017年9月5日火曜日
Rottarain IMG 4546
待ちわびていたのはきっと僕だけじゃないはずだ。

松本剛先生の「ロッタレイン」の1巻がやっと出た。このマンガは、小学館の漫画雑誌『IKKI』から連載が開始され、IKKI休刊の後、小学館『ヒバナ』で連載を再開し、2017年6月号にて完結した物語。それまで全く単行本とかが出なかったのですが、やっとロッタレインが単行本として出ました。しかも、3ヶ月連続発売というやつ。

このマンガの印象は、「映像化あり得そう」と思える内容で、アニメや映画、ドラマに持ち込まれることを僕は強く望んでいる。ストーリーは誰しも引き込まれる内容であるだろうし、「あり得そう」を思えてしまうもの。

やっとでたよ…マジで読んで欲しい。色んな人に読んで欲しい。

ロッタレイン1巻


こちらがロッタレイン1巻の表紙。単行本で購入すると、マンガ帯には新海誠監督の言葉が書かれています。

「はげしくて、しずかな奇跡。松本剛のマンガをいつも待っている。」とね。

こう言う帯って漫画を読んで欲しいからつけるのかな?別に新海誠が…とか入らないと思う。導入には良いかもしれないが「君の名は。」でついてしまった、ぶっちゃ違う「新海誠の印象」を持つ人たちがこのマンガを持ったら変な気分になりそう。

…まぁm「新海誠っぽくない映画」の話はココではやらないでおこう。ロッタレインの話だ。

このマンガを手に取った人は、是非とも背表紙を先に見て欲しい。

Rottarain IMG 4548
仕事・恋人・母親…
すべてを失った一(はじめ)の前に現れたのは、
14年前 自分と母親を捨てた父と、
初めて会った血の繋がらない義妹・初穂(はつほ)。
<新しい家族>として長岡で暮らすことになるが、
少女と女性の間を行き来する
美しい初穂に心奪われ…
衝動と愛情が交差する、一夏の尊い恋の物語。


玉井一(たまいはじめ)の年齢は30歳、山口初穂(やまぐちはつほ)の年齢は13歳、すべてを失ってしまった男の前に現れた少女(女性)、そして一つ屋根の下。

いや、そういうやましいと気持ちとか無いんだ。自分でも「おかしい」「なにやってんだ」を理性でわかっている一。「衝動と愛情が交差する」ってうまいこと言ったなって思った。

「ロッタレイン」の最後を知っているから、この1巻を柔らかい気持ちで見れているけど、もし漫画の内容を知らないんだったら色々な「怒り」「悲しみ」とかそういう気持ちで読んでしまうかも知れない。そういう気持ちになっちゃうマンガだよ。それがロッタレイン。

クソ&クソ、ぶっ殺○ぞ

えーと、マンガ、田舎というか、なんていうか、すっげー人間として陰湿な人が多数出てきます。ええやん、他人の家なんやでほっとけや。ってなる。マジでむかつくこういうの。あぁ、でもこういうのは映像化されたらすごい映えるんだろうな(悪い意味で)。

その煮えたぎる思いとか、言われている本人達とか、まじでさ、救ってくれよ。キャラクター達を救ってあげて欲しいよ。

というのが、雑誌読み進めていったときの僕です。単行本の人も一緒だと思います。2巻3巻は9月10月に出るので、おまちくださいな。

強い一と弱い一、強い初穂と弱い初穂。色々なんだな。気持ちがさ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事